「マグヌス法」ってどういう意味?

「マグヌス法」とは、筋肉の収縮/弛緩を指標に、薬物の作用を評価する方法のことです。

マグヌス法とは、筋肉の収縮/弛緩を指標に、薬物の作用を評価する方法です。培養液を満たしたマグヌス管と呼ばれる装置の中に筋肉を吊るし、筋肉の収縮を測定します。

マグヌス法という名前は、ドイツの薬理学者Rudolf Magnusの名前に由来しています。Rudolf Magnusは、現在行われているマグヌス法の原型を1904年に見出しました。

マグヌス法では、血管、消化管、気管、泌尿器、生殖器、心臓などなど様々な臓器の筋肉が評価可能です。

筋肉を切り出し、上下にそれぞれ糸をつけ、栄養液が入ったマグヌス管のなかで上下方向に引っ張って、筋肉を吊るします。収縮薬を栄養液内に加えると、筋肉が縮みます。この収縮力を電気的に計測し、アンプをとおしてペンレコーダーに出力。すると、収縮力が増えることにより、ペンがウニャ~って感じで動き、筋肉が収縮するのがありありと分かります。

マグヌス法は、薬が効いてるぞ、ってのがありありと分かる実験なので、マグヌス法は薬理の王道と言われます。もちろん、収縮薬の作用に対する阻害薬の作用を評価することも可能です(薬作りでは、この実験が行われることが多い)

昔は、電気的に収縮力の検出が出来なかったので、糸の先に鉄の棒をつけペンの代わりにし、煤紙をロール状にしたものをレコーダー代わりにして実験したそうです。筋肉が縮むと、てこの原理で棒が上がり、煤紙上に白い線がウニャ~って感じで出てきます。

マグヌス法、イメージわいたでしょうか?