再現性(さいげんせい)


 ある実験の結果を、もう一度再現できること。自然科学の世界では、いくらすばらしいデータが出ても、再現性がなければ信用してもらえません。自分でやった実験については、もう一回実験することで再現性を確認できますが、他人が実験した時に再現性があるかといわれると、(結果によりますが)微妙です。
 世の中の論文、特に生物系の論文では(natureなどの一流学術雑誌の論文でも)、再現性を確認するのが難しい場合が多いです。原因として、1)実験者の腕が悪い(動物実験の場合特に多い)、2)論文に書ききれていないコツ、実験条件の差がある(季節による差とか、使ってる試薬のロットの違いとか)、3)論文の結果が間違っている、ということが考えられます。個人的には、半年やって実験の再現がとれないときは、3)だと考えることにしています。もっとも、それだけの期間実験させてくれたらの話ですが。。。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク


薬作り業界用語辞典TOPへ   星がつくへ 

病院でもらった薬の値段 新薬の話 薬の名前の由来調べてみました
薬作り職人の道具 新薬開発入門 薬作り業界用語辞典
病院でもらった薬の値段HOME



プライバシーポリシー