×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

用量
用量(ようりょう):投薬量のこと。英語ではdose、ふだんは「ドーズ」と呼んでます。薬が強ければ強いほど、低い用量で効果が出ます。用量の表し方ですが、動物に投与するときには、体重1kgあたりの投与量(mg/kg)で表します。通常、私たちは、飲み薬の場合0.1−1 mg/kgくらいの用量で効果を出すことを目標とします。この用量は、体重60kgの人に換算すると、6-60mgとなります。ただし、薬によっては、もっと高い用量が必要となることもあり、例えばAIDS治療薬(飲み薬)では、一回当たり用量が500mgとなる薬もあります。この原因としては、薬が消化管から吸収されにくいとか、体内ですぐ分解してしまう、などが考えられます。



スポンサードリンク


副作用へ   薬作り業界用語辞典TOPへ   バックグラウンドへ

病院でもらった薬の値段 新薬の話 薬の名前の由来調べてみました
薬作り職人の道具 新薬開発入門 薬作り業界用語辞典
病院でもらった薬の値段HOME



プライバシーポリシー