薬作り業界用語辞典
霜とり
季節感のない研究所の中では、-80℃の冷凍庫(ディープフリーザー)の霜とりが年末気分を盛り上げます。
-80℃の冷凍庫は霜がつきやすくて、すぐ扉が閉まらなくなってしまいます。その度にトンカチとかで霜を落としているのですが、さすがにそれだけではらちがあかない。そこで、年末に冷凍庫の電源を落として徹底的に霜をとります。

霜とりのついでに、冷凍庫の中のものの整理もやることが多いです。酵素とか、血漿サンプルとか、試薬とか、とにかくいろんなものが新旧混ざってでてくるでてくる。まるで、地層をなしてるよう。いろんなサンプルを見ると、「この人もう研究所にいないやん、今どうしてるんだろ」とか「あのプロジェクト、あっさりつぶれちゃったよな」とかいろいろと思い出話がでてくるのは、部屋の片付けのときとおんなじのり。

これが終わると、大掃除があって、打ち上げです。


スポンサードリンク


P450へ   薬作り業界用語辞典TOPへ    陽性対照へ

病院でもらった薬の値段 新薬の話 薬の名前の由来調べてみました
薬作り職人の道具 新薬開発入門 薬作り業界用語辞典
病院でもらった薬の値段HOME



プライバシーポリシー