×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

開発コード
製薬会社では、毎日多くの化合物が合成されます。その化合物にいちいち名前をつけるのは面倒なので、化合物ごとに番号をつけて管理します。番号の付け方は会社により様々です。その中でも特に、臨床試験まで進んだ化合物には、開発コードという番号がつけられます。

開発コードは、通常アルファベット+数字の形であらわされます。
例えば、各社のパイプライン品目から抜き出してみると

武田薬品工業 TCV, AD, TAK, TAP
三共 CS
アステラス製薬 YM(旧山之内製薬),FK(旧藤沢製薬)
第一製薬 DU, DF, DJ, DX, DD, DL, DZ, DW
第一サントリーファーマ SUN(旧サントリー)
エーザイ E
大日本住友 AC(旧大日本製薬), SM, SMP (旧住友製薬)
小野薬品 ONO
大正製薬 TS
キッセイ薬品 KAD, KMD, KUR
アストラゼネカ AZD
などなど。

臨床試験の間に、一般名(成分名)や商標が決まるのですが、
私たちの現場では、開発コードの方が愛着があったりします。



スポンサードリンク


陽性対照へ   薬作り業界用語辞典TOPへ    論文へ

病院でもらった薬の値段 新薬の話 薬の名前の由来調べてみました
薬作り職人の道具 新薬開発入門 薬作り業界用語辞典
病院でもらった薬の値段HOME



プライバシーポリシー