×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

連投
何日にもわたって,連日薬物の投与を続けること。正式には反復投与と呼ぶべきですが,現場では連投という言い方をを使うことが多いです。
連投の期間は,薬によってそれぞれです。ヒトで長く治療期間がかかる病気,例えば動脈硬化や,骨粗しょう症,関節リウマチ,神経変性疾患,などの薬は,連投が必要であり,投与期間が長くなります。たとえば,動脈硬化や,骨粗しょう症の薬を連投する場合は,半年から1年の期間が必要となることがあります。また,薬物の毒性を評価する場合も,連投試験が必要です。このときも2週間から長くて1年以上投与することがあります,

1日2回,1ヶ月連投で,投与回数は60回。もちろん土日や休日でも投与します。さすがに,連投を一人で行なうわけにはいかないので,数人でローテーションを組んで連投を行ないます。連投するときは,失敗がないよう十分注意する必要があります。万が一投与が失敗して,動物が死んだりするとダメージは大きいです。

連投試験の結果が出るときには,みな緊張します。良いデータが出たときの快感は,言葉では言い表せないですね。


スポンサードリンク


開発コードへ   薬作り業界用語辞典TOPへ    キナーゼとカイネースへ

病院でもらった薬の値段 新薬の話 薬の名前の由来調べてみました
薬作り職人の道具 新薬開発入門 薬作り業界用語辞典
病院でもらった薬の値段HOME



プライバシーポリシー