バルトレックスとゾビラックス| 病院でもらった薬の値段Part2


バルトレックス(塩酸バラシクロビル)と
ゾビラックス(アシクロビル)
バルトレックス(グラクソ・スミスクライン、主成分塩酸バラシクロビル、薬価 500mg錠 = 475.2円)は、単純ペルペスウイルス(HSV)というウイルスが感染しておこる、単純疱疹や帯状疱疹という病気の治療薬です。バルトレックスが用いられる単純疱疹や帯状疱疹は、皮膚に赤くて痛い水泡が出来る病気で、体力が落ち免疫力が落ちてくると起こる病気です。

特に帯状疱疹は、大変厄介な病気です。私もなったことがあるのでわかるのですが、帯状疱疹はとにかく痛い病気です。痛くていたくてたまりません。私の場合、太ももに出来たのですが、ズボンの布が当たるだけで激痛が走りました。
そして、水泡が治まってからも、場合によっては、この痛みだけが残ることがあり、帯状疱疹後疼痛と呼ばれています。帯状疱疹後疼痛は、治療が難しく、いまのところ特効薬は見つかっていません。

帯状疱疹後疼痛を起こさないためには、出来るだけ早く薬でウイルスをやっつける必要があります。現在、バルトレックスは、単純疱疹や帯状疱疹の治療におけるスタンダードな薬です。

バルトレックスが出る前は、ゾビラックス(グラクソ・スミスクライン、主成分アシクロビル、薬価400mg錠 = 379.5円)という薬が用いられていました。ゾビラックスは、よく効く薬なのですが、欠点が一つありました。ゾビラックスの飲み薬は、とにかくものすごい量を飲まないといけないのです。

ゾビラックスの場合、帯状疱疹治療の際の投薬量は、
「通常、成人には1回アシクロビルとして800mgを1日5回経口投与」です。
1日5回!も、薬を飲まなくてはいけない、これはしんどいですね。
そこで、この欠点をなくすため、ゾビラックスを改良して作られた薬がバルトレックスです。

ゾビラックスの飲む回数が多いのは、ゾビラックスがすぐ分解されてしまうのが原因です。口から飲んだゾビラックスは、腸から吸収され、肝臓を通過してから、全身の血液に入ります。このとき、ゾビラックスは肝臓で多くが分解されてしまいます(このような現象を初回通過効果と呼びます)。つまり、ゾビラックスの場合、薬を飲んでもすぐ分解されてしまうので、次から次へと大量のゾビラックスを飲まなくてはいけないのです。

そこで、バルトレックスの登場です。
バルトレックスの場合、帯状疱疹治療の際の投薬量は、
「通常、成人にはバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与」です。
ゾビラックスの1日5回が、バルトレックスでは1日3回に減り、投与回数が劇的に減っています。また、一日の投薬量もゾビラックスの4000mgにくらべ、バルトレックスでは3000mgと減っています。このように、バルトレックスの方が、ゾビラックスにくらべ圧倒的に飲みやすくなっています。

さて、なんで、バルトレックスの場合、1日3回でいいのか?その答えは、バルトレックスの構造のなかにあります。バルトレックスは、ゾビラックスの構造をちょっと変え、長いしっぽがついた構造をしています。このしっぽが、バルトレックスの秘密です。

ゾビラックスは肝臓ですぐ分解されてしまう、と書きましたが、バルトレックスも肝臓で同じように分解を受けます。分解を受けるのは、長く伸びたしっぽの部分。そして、バルトレックスの場合、分解されて出来るのはアシクロビル、つまりゾビラックスです。バルトレックスが、肝臓から出てくるとにはゾブラックスに変わっている、、つまり全身にゾビラックスがいきわたることになります。

バルトレックスのような薬をプロドラックといいます。プロドラックは、吸収されにくい薬を、体内により多く吸収されるように改良するときに使われる方法です。だから、バルトレックスには注射薬はありません。バルトレックスを注射するくらいなら。ゾビラックスを注射すればよいからです。

バルトレックス、ゾビラックス、作用のメカニズムは同じです。どっちも、体内ではアシクロビルとなって抗ウイルス作用を示します。アシクロビルは、ウイルスの中のある酵素により化学変化(リン酸化)を受けアシクロビル三リン酸という物質になります。このアシクロビル三リン酸は、ウイルスの中でDNAが作られる過程を邪魔する作用を持ち、ウイルスが増殖するのを防ぎます。一方、ヒトの細胞の中では、アシクロビル三リン酸を作るための酵素がないために、正常なヒトの細胞の増殖を抑えることはありません。

バルトレックスは、ゾビラックスに続く第2世代のヘルペス治療薬と呼ばれており、世界中で数多く使われています。でも、私が帯状疱疹になったときには、、まだ日本では承認されてなかったんですよね。残念。

スポンサードリンク



バルトレックス(塩酸バラシクロビル)
ゾラビックス(アシクロビル)

前の薬  病院でもらった薬の値段Part2  次の薬


プライバシーポリシー