エビリファイ(アリピプラゾール)とはどんな薬?

エビリファイ(大塚製薬、主成分アリピプラゾール)は、統合失調症治療薬です。幻覚や妄想などの陽性症状を改善し、引きこもりなどの陰性症状も改善します。また、双極性障害の躁状態(精神活動の更新)や、抗うつ薬と併用してうつ病の治療にも用いられます。

主成分であるアリピプラゾールは、精神活動をコントロールする神経伝達物質ドーパミンの働きを調節して、極端な精神状態を正常に戻す作用を持ちます。エビリファイは、これまでの薬剤とは異なる作用メカニズムを持ち、ドーパミン・システム・スタビライザー(ドーパミン系システムの安定化薬)とも呼ばれます。

目次

統合失調症とドーパミンの関係

統合失調症は、妄想や幻覚など神経の過剰な活動によって起こる陽性症状と、引きこもりや意欲消失などの神経活動の過度の低下によっておこる陰性症状を特徴とする精神疾患です。統合失調症の症状がうまくコントロール出来ないと、社会生活でのコミュニケーションが上手くとれず、学業や仕事に携わることが困難になります。

統合失調症患者の脳では、ドーパミンという神経伝達物質の働きに異常があると考えられており(ドーパミン仮説)、エビリファイの主成分であるアリピプラゾールはドーパミンの機能バランスを正常に戻す作用を持ちます。

ドーパミンは、神経細胞同士の情報伝達を調節しています。神経細胞から放出されたドーパミンは、他の神経細胞の表面にあるドーパミン受容体というタンパク質に結合して神経機能を調節します。

統合失調症では、脳の神経回路でのドーパミンの機能が更新したり低下します。中脳辺縁系という回路でドーパミン機能が活性化すると陽性症状を起こします。また中脳皮質系という回路でドーパミン機能が低下すると陰性症状が起こります。

標準的な統合失調症治療薬は、ドーパミンの機能を強く抑制することで陽性症状を改善することを治療目的としています。これは陽性症状がコントロール出来ないと、治療のためのコミュニケーションが取れなくなってしまうからです。このようなドーパミンの機能を止める薬剤は、ドーパミンアンタゴニストと呼ばれます。ドーパミン受容体に結合しますがドーパミンとしての機能は持ちません。

しかし、脳内のドーパミン機能を強く止めてしまうと、ドーパミンの機能低下で起こる陰性症状は改善しません。また、ドーパミンには身体運動のコーディネートする役割もあるので、ドーパミンアンタゴニストは運動系の副作用である、ディスキネジア(口や舌のコントロールできない異常運動)、ジストニア(首や顔のこわばり)を起こします(錐体外路症状とよんでいます)。

つまり統合失調症治療薬としてのドーパミンアンタゴニストは「陽性症状しか改善できず、嫌な副作用は出る」という中途半端な薬剤でした。この状況を打破するために開発された薬剤が、エビリファイです。


エビリファイの作用メカニズム

エビリファイの主成分であるアリピプラゾールは、ドーパミンの働きを低下させますが、ドーパミンアンタゴニストではありません。「ドーパミンパーシャルアゴニスト」と呼ばれるタイプの薬です。

ドーパミンアゴニストとは、ドーパミン受容体に結合して、細胞にドーパミンと同じ作用を起こす薬です。それに対し、アリピプラゾールのようなドーパミンパーシャルアゴニストは、ドーパミンよりも弱い作用しか起こすことができません。細胞を用いた実験では、ドーパミンの最大作用を100%とすると、エビリファイの最大作用は30-40%程度です。

つまり、エビリファイを服用することで、脳内のドーパミン機能が落ちている部分は中程度まで回復し、過剰になっている部分は中程度まで抑制されます。そのため、陽性症状、陰性症状の両方に対する改善作用が期待され、かつドーパミンアンタゴニストのような錐体外路症状が起きにくいと考えられます。また、精神活動の過剰な活性化でおこる双極性障害の躁症状や、その逆であるうつ病にも効果を示します(うつ病の場合には、うつ病の標準治療薬との併用が必要です)。

エビリファイは、ドーパミン神経を安定化することから、「ドーパミン・システム・スタビライザー」とも呼ばれます。アリピプラゾールのようなパーシャルアゴニストでは、「薬のさじ加減」を化合物自身の作用として実現しています。

エビリファイは、体への作用が強すぎず弱すぎず、ちょうどよいところに落ち着かせる、という漢方薬のような性格を持つ薬です。強力な薬を医師の微妙なさじ加減でうまく使う、という姿は、もしかすると変わっていくかもしれません。


エビリファイ(アリピプラゾール)の構造式