×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

薬の名前の由来を調べてみました。その20

デトキソール (解毒薬)
の名前の由来:
解毒(detoxication)する注射溶液(solution)であることから命名。
解説:解毒剤って、漫画とかにはよく出ますが、あんなに早く効くものはありません(笑)。

ミラドール(消化性潰瘍治療薬)
の名前の由来:
効能・効果が幅広い(MIRACLE),作用が柔らかい(DOLCE)ことから命名した。
解説:作用が柔らかい、、よくわかりません。副作用がないってこと?

ソニフィラン(放射線療法補助薬)
の名前の由来:
超音波(ultrasonic)照射で低分子化していることと,一般名のsizofiranに由来する
解説:キノコからとれる多糖類。お砂糖がつながってるような感じ。超音波で、バラバラにしたものです。

テラルビシン(抗生物質)
の名前の由来:
Thera(治療)+rubicin(赤いマイシン)
解説:Thera、日本だとセラって読むこと多いですよね、(Therapy=セラピー)。どっちが正しいのか?マイシンっていうのを見たら、抗生物質と思っていいです。

シプロキサン(抗菌剤)
の名前の由来:
キノリン環の1位へ導入した置換基の名称(シクロプロピル基)に由来する。
解説:構想式が想像できますか?私は無理です(笑)

パシフラミン(坑不安薬)
の名前の由来:
パッシフローラエキスの原料Passiflora incarnata L.(チャボトケイソウ)に由来する。
解説:。Passiflora incarnata L.は学名、ラテン語ですね。多分。

アルタット(抗潰瘍薬)
の名前の由来:
ULCEROSTATIC「潰瘍の発育(進行)を阻止する」という語に由来している。AL ULCERは潰瘍を意味し,アルサーと発音するが,ウルサーとも読めるので,UをAとした。 TAT −STAT「一定に保たせるもの」「発育(進行)を阻止するもの」の意。したがってALTATは,「潰瘍の進行を阻止し,治癒状態にするもの」という意味である。
解説:アルサーと発音するが,ウルサーとも読める、、なんかこじつけ?

ゼストリル(降圧薬)
の名前の由来:
zest:熱意(英語) ril:ACE 阻害薬の一般名の語尾として付与される語
解説:血圧を下げたい、という熱意。私も持ってます、高血圧なんで。

エルシトニン(抗骨粗鬆薬)
の名前の由来:
Eel carba calcitonin
〔ウナギカルバ型カルシトニン〕に由来し、Elcitonin と命名した
解説:ウナギ由来のお薬。といって、ウナギから作ってる訳ではないと思います。遺伝子工学使って作ってるんではないかと。

カルシトラン( 抗骨粗鬆薬)
の名前の由来:
本剤が合成サケカルシトニンであることより,カルシトニン(calcitonin)と魚が川をのぼること(run)をかけあわせて命名した。
解説:今度は鮭由来のお薬です。魚が川をさかのぼる、、鮭ならでは?


スポンサードリンク


前へ   薬の名前の由来を調べてみましたTOP  次へ

病院でもらった薬の値段 新薬の話 薬の名前の由来調べてみました
薬作り職人の道具 新薬開発入門 薬作り業界用語辞典
病院でもらった薬の値段HOME




プライバシーポリシー