超遠心機
今回紹介するのは「超遠心機」。超遠心機は、いろんなものが溶けている溶液から、固形成分(細胞膜等)を取り出すときによく使われます。
超遠心器の原理は単純で、チューブを機械の中で高速回転させ(4−10万回転/分)、遠心力により液体から固形成分を分離するわけです。超遠心機では、高速回転したときに熱が生じるのを防ぐため、真空ポンプで空気を抜き取っています。
チューブのバランスが崩れたままで超遠心機を使うと、とんでもないことになると言われていますが、見たことはありません。


スポンサードリンク

超遠心機

放射性同位元素(RI)    薬作り職人の道具TOPへ   電卓

病院でもらった薬の値段
新薬の話
薬の名前の由来調べてみました
新薬開発入門
薬作り業界用語辞典
病院でもらった薬の値段HOME



プライバシーポリシー