ボルテックスミキサー
ボルテックスミキサーは、試験管やプラスチックチューブのなかの液体を撹拌(かくはん)して、混ぜ合わせるための実験器具です。(ボルテックスミキサーって正式名称なんだろうか?)

ボルテックスミキサーの「ボルテックス(vortex)」とは、「(水・空気などの)渦巻き; 旋風」という意味があります。ボルテックスミキサーのスイッチをいれると、上に突き出た黒い部分(写真)が高速で回転します。この部分に試験管やプラスチックチューブの底を当てると、試験管やプラスチックチューブに回転運動が伝わり、中にある液体が渦を巻いて回転します。ボルテックスミキサーで撹拌することを、ボルテックスをかける、と呼んでいます。

例えば、試薬に水や緩衝液を加え、ボルテックスミキサーで激しく撹拌することで、試薬を速やかに溶かし、均一にすることができます。溶けにくい試薬の場合は、2−3分ボルテックスをかけることもあります。高速回転による振動が手に伝わると、マッサージ機を当てているような感じで、気持ちがいいです。ただ50本、100本の試験管にひたすらボルテックスをかけると、手がしびれてしまって大変です。

ただ、タンパク質が溶けている溶液を撹拌する時は、ボルテックスミキサーは使えません。溶液が高速回転することで、泡が発生し、この泡によりタンパク質が傷むことがあるからです。



スポンサードリンク

ボルテックスミキサー

フロッピーディスクへ   薬作り職人の道具TOPへ   次の道具


病院でもらった薬の値段
新薬の話
薬の名前の由来調べてみました
新薬開発入門
薬作り業界用語辞典
病院でもらった薬の値段HOME



プライバシーポリシー