バファリン配合錠A330(アスピリン、ダイアルミネート)とはどんな薬?

バファリン(ライオン)は、主成分としてアスピリン(アセチルサリチル酸)とダイアルミネート(ジヒドロキシアルミニウム アミノアセテートと炭酸マグネシウムの混合物)を含む配合剤です。

薬局やドラッグストアでは、医師の処方が必要ないOTC医薬品として、多くの種類のバファリンシリーズ(小児用バファリンや、生理痛用のバファリンルナ)などを購入できます。一方、医師が処方する医療用医薬品としてのバファリン(バファリンA配合錠)もあって、こちらもさまざまな病気での発熱や痛み(例えば添付文書によれば、頭痛、歯痛、月経痛、感冒の解熱、関節リウマチ、リウマチ熱、症候性神経痛など)に対して効果をしめし、解熱鎮痛薬として使用されます。

バファリン配合錠Aの主成分であるアスピリンは、痛みを増強させる生体内物質「プロスタグランジン」の産生を止めます。プロスタグランジンは炎症が起こっている組織で合成され、痛覚を検出する知覚神経に作用して、痛みへの感受性(感度)を上げます。

アスピリンは、プロスタグランジンを合成する酵素「シクロオキシゲナーゼ(COX;cyclooxygenase)」の働きを止める作用を持ち、COX阻害薬と呼ばれます。バファリンと同じ効果を持つ解熱鎮痛剤ロキソニン(主成分ロキソプロフェンナトリウム)も、アスピリンと同じ作用メカニズムをもつ薬剤です。

アスピリンの解熱鎮痛作用は100年以上前から知られており、効果が高くかつ安価に使用できるため、非常に使いやすい薬として、古くから多くの患者さんに使われてきました。とはいえ、欠点である副作用も存在します。

プロスタグランジンは、さまざまな生理機能に関与します。その中でも、アスピリンの副作用に関わる生理作用は胃粘膜の保護作用です。アスピリンやロキソプロフェンはプロスタグランジンの合成を抑制するので、胃粘膜保護作用が弱くなり、胃を痛めることがあるのです。

そこで、バファリン配合錠Aでは、アスピリンによる胃への副作用を防ぐために、ダイアルミネートという物質を添加しています。ダイアルミネートは、胃の中の胃酸を中和し、胃酸の酸性度を下げる作用を持ちます。プロスタグランジン量が低下すると胃粘膜の保護作用が弱くなり、胃酸が直接胃を攻撃することになりますが、胃酸の酸性度が下がれば、胃酸による障害は弱まるというわけです。

また、アスピリンには、胃酸の酸性度が低いと吸収速度が早くなるという性質があります。胃の中からアスピリンを早くなくすことで、効果の即効性を得ると同時に胃に対する障害が少なくなり、一挙両得というわけです。

「バファリンの半分はやさしさでできています」というCMのコピーがありますが、このやさしさというのはダイアルミネートが胃の粘膜を保護する、ということを表しているわけです。とはいえ、すでに胃潰瘍などの消化性潰瘍を有する場合は、潰瘍を悪化・出血をもたらす可能性があるので、バファリンを服用することは禁忌(服用禁止)とされています。

アセチルサリチル酸の構造式