ガスター(ファモチジン) とはどんな薬?

ガスター(アステラス、主成分 ファモチジン)は、胃酸により起こる病気(急性胃炎、慢性胃炎胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、上部消化管出血、逆流性食道炎)の治療薬で、胃酸の分泌を低下させて胃粘膜の障害を抑制することで、胃を保護する効果を示します。

ガスターには、水なしで服用できる口腔内崩壊錠(ガスターD)も用意されています。唾液で錠剤が速やかに溶けるので、口に入れてそのまま服用できます(もちろん、水で飲んでも大丈夫です)。

胃は、食物を分解し消化するために、胃酸(塩酸)やペプシン(消化酵素)を分泌しますが、そのままでは胃の表面の細胞を傷つけてしまいます。そこで、胃は自分を守るために粘液を分泌し、表面を粘膜で覆って細胞を保護します。何らかの原因で粘膜の働きが弱くなると、胃酸が胃の表面を直接攻撃し傷つけます。ひどい場合には、胃炎や胃潰瘍を発症してしまいます。

そこで胃炎や胃潰瘍の治療では、胃酸の働きをなんとかして弱めるための方策を取ります。ガスターの主成分であるファモチジンは、胃酸分泌を抑制して、胃の表面を保護します。

ファモチジンは山之内製薬(現在のアステラス製薬)の研究者により発見された化合物で、H2受容体拮抗薬と呼ばれます(Hは Histamineの頭文字です)。胃において、ヒスタミンは胃の表面の細胞にあるH2受容体に働きかけて、胃酸を分泌させます。ファモチジンはH2受容体に結合しますが活性化はさせません。つまり、ファモチジンがH2受容体に結合すると、ヒスタミンがH2受容体に結合できなくなる(拮抗する)ため、胃酸分泌が低下するというわけです。

ガスターは医師の処方箋がないと入手できませんが、ドラッグストアなどで購入できる「ガスター10」も用意されています。このような薬剤をスイッチOTC(OTC:Over the counter 薬局のカウンター越しに処方なしで購入できる薬剤、という意味)と呼びます。

ガスターのように、長年の使用実績があり副作用がキチンと把握されている薬については、スイッチOTCでの販売を促進するという流れは、普通に見られるようになりました。軽い症状については、病院に行かずに薬局でOTCを購入してコントロールする、という取り組みを「セルフメディケーション」と呼びます。スイッチOTC化とセルフメディケーションは、患者の利便性に加え医療費削減にもつながるということもあり、今後も進んでいくと考えられます。

ファモチジンの構造式