ハルシオン(トリアゾラム)とはどんな薬?

ハルシオン(ファイザー、主成分 トリアゾラム)は、作用が速やかに発現する睡眠導入剤で、不眠症の治療に用いられます。また、手術前夜に、術前の不安を取り除くために処方されることもあります。主成分のトリアゾラムは、神経活動を抑制するGABAA受容体というタンパク質の働きを強めて脳の活動を低下させ、眠気や不安を弱らげます。

ハルシオンは体外へ速やかに排泄(はいせつ)されます(8時間後には血液中から消失します)。そのため、ハルシオンの作用持続時間は短く、翌朝目覚めた後まで眠気が残るハングオーバーと呼ばれる症状が少ない薬剤です。

ハルシオンの主成分であるトリアゾラムは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬(構造式中の6角形と7角形出できた部分をベンゾジアゼピン構造といいます)と呼ばれるタイプの薬剤で、脳の神経細胞表面にあるGABAA受容体に結合します。GABA受容体は、GABA(γアミノ酪酸)という神経伝達物質によって活性化し、神経の電気的な活動を弱める役目を持っています(GABAやベンゾジアゼピン系化合物の作用メカニズムについては、「ベンザリン(ニトラゼパム)とはどんな薬?」「セルシン(ジアゼパム)とはどんな薬?」も参照してください)。トリアゾラムはGABAの作用を強めて、脳の電気活動を弱めます。その結果、ハルシオンを服用すると脳の活動が低下して眠気が起こったり不安が和らぐのです。しかし、この作用メカニズムは副作用の原因ともなります。

ハルシオンの副作用は、めまいやふらつき、倦怠感、頭痛などが挙げられます。めまいやふらつきは、トリアゾラムが運動機能をコントロールする神経の働きが低下させることで起こります。

一方、ハルシオンは、睡眠薬の一般的な副作用である、服用翌日の不快感(二日酔い感;ハングオーバー)が起こりにくいとされています。ハングオーバーは、翌朝まで体内に残った睡眠薬でおこる眠気や、脳の睡眠覚醒リズムが薬剤によって強制的に変更された反動で生じる不快感と考えられています。

ハルシオンは体内から速やかに排泄されるので、作用持続時間が非常に短い超短時間型睡眠薬に分類されます。そのため、薬剤が明朝まで体内に残ることはなく、ハングオーバーは起きにくいとされています。作用時間が短いことから、ハルシオンは特に眠りに入りにくい入眠障害の患者さんに使われます。

しかし、ハルシオンの服用後、もうろう状態や夢遊病のような症状(この間の記憶はない)が起こることはあります。また、お酒と同時に服用してはいけません。アルコールが薬の神経活動低下作用を更に強めてしまうからです。

ハルシオンは、比較的使いやすい睡眠薬です。しかし、それは医師や薬剤師の指導をきちんと守って副作用とうまく付き合えた場合の話であることは忘れてはいけません。


トリアゾラムの構造式