シオゾール(金チオリンゴ酸ナトリウム)とはどんな薬?

シオゾール(高田製薬、主成分金チオリンゴ酸ナトリウム)は関節リウマチの治療薬(抗リウマチ薬)で、主症状である関節の痛みや腫れに対する改善効果を示します。主成分である金チオリンゴ酸ナトリウムは、関節の炎症を引き起こす免疫細胞(マクロファージや多核白血球)の機能を低下させ、関節炎に対する抗炎症作用を示します。

関節リウマチとは、免疫機能の異常により手足の関節に重い関節炎が生じ、腫れや強い痛みを生じる病気です。関節の炎症が悪化すると、関節の骨がボロボロに壊れ、関節の構造が破壊されるので、手足や指を動かすことが困難になります。

関節リウマチでは免疫力が過剰になり、免疫機構が自分自身を攻撃します。このような疾患を「自己免疫疾患」と呼びます。このとき、関節ではさまざまな免疫細胞(マクロファージや多核白血球など)が活性化していて、炎症の原因となる物質(サイトカイン)をドンドン産生します。シオゾールは、免疫細胞の機能を抑制して炎症を抑え、関節の破壊を防ぎます。しかし、どのような生体分子にシオゾールが作用するのかについては、今もまだよくわかっていません。

シオゾールの特徴(というか変わった所)は、有効成分が『金』であることです。他にも、金を含有する抗リウマチ薬は存在し(例:リドーラ)、金製剤と呼ばれています。もともとは、結核に対する有効性が発見されたことから臨床での使用が始まり、関節リウマチに対する治療効果があることもわかったというわけです。

金属(金属イオン)が薬として使われる例は、シオゾールのほかにもあります。胃もたれの原因である過剰な胃酸を中和するために、水酸化マグネシウムや水酸化アルミニウムが使われます。また、シスプラチンに代表される白金化合物は、DNA合成を阻害する作用を持つため、抗がん剤として用いられています。

シオゾール(金チオリンゴ酸ナトリウム)の構造式