ベシケア(コハク酸ソリフェナシン)とはどんな薬?

ベシケア(アステラス製薬、主成分 コハク酸ソリフェナシン)は、頻尿(トイレでおしっこする回数が多くなる)の治療薬です。ベシケアは、抗コリン薬と呼ばれる種類の薬剤で、類似作用メカニズムの薬として「ポラキス」があります。(参考記事;ポラキス(塩酸オキシブチニン)とはどんな薬?)

頻尿治療薬は、膀胱の筋肉(平滑筋)の働きを低下させ、尿をためやすくして排尿の回数を減らす効果を示します。膀胱平滑筋の収縮は、アセチルコリンという生体内物質がムスカリン受容体に結合し活性化させることで起こります。抗コリン薬は、アセチルコリンがムスカリン受容体に結合できなくして膀胱の収縮力を弱めます。そのため、おしっこをたくさん膀胱内に貯めることができ、トイレに行く回数が減るのです。

ところで、抗コリン薬には、口渇(口のかわき)という副作用が頻発し、患者さんの(生活の質(QOL:Quality of Life)が低下するというデメリットがありました。頻尿は高齢者に多く起こることから、患者数は今後急増すると考えられ、患者さんが使いやすい薬のニーズは高まると考えられました。そこで、薬剤によるQOL低下を防ぐことを目的とした新薬競争開発が始まり、製薬会社間で激しい競争が起こなわれてきました。

実は、アセチルコリンがムスカリン受容体を介して唾液の分泌を促進させることは、古くから知られていました。つまり、抗コリン薬は、膀胱の収縮を止めるのと同じメカニズムで唾液が出る量を低下させ、副作用である口渇引き起こすのです。このままでは、抗コリン作用を持つ頻尿治療薬には、必ず口の渇きという副作用が出ます。そこで、新薬開発にはひと工夫が必要となりました。

基礎研究の結果、ムスカリン受容体には様々な種類(サブタイプ)があり、臓器ごとに異なるサブタイプが存在することがわかりました。膀胱に主に存在するのはM3受容体であり、唾液腺に存在するのは主にM1受容体です(Mはムスカリンの頭文字です)。このことから、アセチルコチンとM3受容体の結合だけを妨げM1受容体との結合は邪魔しないという化合物は、膀胱にのみ作用し口渇を引き起こさない頻尿治療薬となりうると考えられます。

この仮説に基づく、M3受容体に選択的に結合する抗コリン薬の開発が精力的に行われ、世界の製薬会社間の競争の結果、2つの薬が売り出されました。そのうちの一つはベシケアで、もう一つはファイザーの「デトルシトール」(アメリカでの商品名は「デトロール」、主成分酒石酸トルテロジン)です。日本では、ベシケアとデトルシトールは、ほぼ同時期に発売開始されました。

ベシケアもデトロールも、動物実験および頻尿患者を対象とした臨床試験の双方で、唾液分泌を過度に抑制せずに頻尿の治療効果を持つことが示されました。ただし、臨床試験においては、口渇の完全抑制というところまでは達成できていません。それでも、これまでの抗コリン薬に比べると口の渇きの発現頻度は低く、患者さんにとって使いやすい薬であるのは確かなようです。

また、ベシケア以前に開発された従来型の抗コリン薬でも、徐放性製剤や貼付剤などの製剤面での工夫(緩やか薬剤が体内に吸収され、緩やかな効果発現が期待できる)により、副作用である口渇を減少させようと、製薬会社は努力しています。今後、高齢化が進み、頻尿患者も増加して治療薬ニーズが高まることから、抗コリン薬を含む頻尿治療薬の開発競争はこれからも続くことでしょう。

備考;「唾液腺にもM3受容体があり、M3に選択的に作用するという説明だけでは、薬剤の膀胱選択性を説明できない」という意見もあります。他のメカニズム(カルシウムチャネル阻害、カリウムチャネル阻害)や、唾液腺への薬剤分布の低さが、膀胱に対して選択的に作用する一因である可能性も指摘されています。

ベシケア(コハク酸ソリフェナシン)の構造式