オノン | 病院でもらった薬の値段TOP

オノン ドライシロップ
(プランルカスト水和物)


 親になって分かったんですが、子供に薬を飲ませるのは至難の業ですね。苦い粉薬は、大人は我慢できても子供は飲めないし、錠剤やカプセル剤を飲むこともなかなか出来ません。小児喘息などで定期的に薬を飲まないといけない場合、薬を飲みやすくするための工夫が必要です。製薬会社としても、薬を飲みやすくするためにいろいろとがんばってます。

 今回取り上げる「オノンドライシロップ(小野薬品、主成分プランルカスト水和物、 薬価 10% 1g = 81.2円)は、子供に飲んでもらうための工夫をした喘息予防薬です。喘息の患者さんでは、気管や気管支に存在するロイコトリエンという物質が産生されます。ロイコトリエンは、ロイコトリエン受容体というタンパク質に作用して、筋肉を収縮させることで喘息発作をおこします。オノンは、このロイコトリエンの作用を抑制することで、喘息発作を予防します。

 オノンドライシロップは、主成分のプランルカスト水和物とシロップ剤などを混ぜて乾燥し、粉末にしたものです。ぬるま湯を加えると甘いシロップとなり、薬の苦みやにおいを感じず薬を飲むことが出来ます。って、実際飲んだことがないので、どんな味かは実は知らないんですが。

 薬を作るときは、作用を強くすることはもちろん大切ですが、飲みやすく、使いやすくするための技術(製剤技術といいます)も大切です。子供向けのドライシロップに限らず、大人用の錠剤、注射剤でも、使いやすくするためのいろんな工夫がなされています。これらの工夫については、また別の機会に紹介したいと思います。

スポンサードリンク

構造式
オノン(プランルカスト水和物)

 オノン(プランルカスト水和物)の構造式

タケプロンへ  病院でもらった薬の値段TOP  ハルナールへ



プライバシーポリシー