フィナステリドとはどんな薬?

フィナステリド(商品名プロペシア)は、男性における男性型脱毛症の進行を遅らせる効能をもつ薬です。男性型脱毛症は、男性ホルモンの過剰な活性化と遺伝的な要因が組み合わさって起こり、患者さんの生活の質を低下させます。主成分であるフィナステリドは、男性ホルモンの活性化に関わる5α還元酵素という酵素タンパク質の働きを止めて男性ホルモンの活性を下げ、脱毛を防ぐ効果を示します。

男性型脱毛症は、思春期以降の男性に起こる頭髪の脱毛症です。薄毛は、特に若い患者さんにとっては外見上の大きな悩みのもとであり、生活の質を下げます。男性型脱毛症は、男性ホルモン反応性に遺伝的な問題がある人に起きやすいとされています。

フィナステリドは、男性ホルモン活性化に関わる酵素タンパク質「5α還元酵素(5αリダクターゼ)」の働きを低下させ、男性ホルモンの生理作用を弱めます。

男性ホルモンであるテストステロンは、精巣でつくられたあと、頭皮の細胞にある5α還元酵素によってジヒドロテストステロンという化合物に変換されます。ジヒドロテストステロンは活性化した男性ホルモンで、頭髪を作り出す毛母細胞の細胞分裂を止めるので、新しい毛髪ができません。頭髪が増えないのに、寿命がきた毛髪の脱毛だけが進むので、薄毛が起こるのです。

フィナステリドは、もともとは前立腺肥大症の治療薬を開発する過程で得られた薬です。前立腺は男性ホルモンにより大きくなる臓器で、男性の尿道を取りまいています(生理的役割はわかっていません)。必要以上に男性ホルモンが活性化すると、大きくなった前立腺が尿道を狭くして尿が出にくくなる前立腺肥大症という病気が起こります。フィナステリドは、5α還元酵素の働きを低下させて前立腺を小さくする効果が期待されましたが、その過程で男性型脱毛症の進行を止めるアイデアが生まれたのです。

ただし、フィナステリドは、男性ホルモンが関与しない脱毛症(例えば円形脱毛症)には効果はないと考えられています。円形脱毛症は免疫細胞による毛母細胞の攻撃が原因と考えられており、免疫抑制薬を用いた治療法の研究開発が行われています。

フィナステリドはプロペシアという商品名で発売されました。製品アピールの一環として、男性型脱毛症の略称であるAGA(androgenetic alopecia)の認知度を高めるための広報活動も行いました。「脱毛」というネガティブな要素を持つ表現を「AGA」というアルファベットに置き換えるというアプローチは、性機能障害におけるEDと同じく、これまで表立って語りにくかった悩みをオープンに話せるようにする効果があったと思われます。

なお、プロペシアには健康保険が適用されず、薬剤費は全額自己負担です。これは、薬剤の使用目的が病気の治療ではなく、頭髪という「外見を整えるための美容的な使用」を目的と認識されているからです。


プロペシア(フィナステリド)の構造式