プロペシア | 病院でもらった薬の値段TOP

プロペシア
(フィナステリド)

プロペシア(MSD,主成分 フィナステリド)は、男性における男性型脱毛症の進行を遅らせる効能をもつ薬です。男性型脱毛症はAGA(androgenetic alopecia)とも呼ばれており、最近はAGAの文字やAGAの薬物治療についての啓蒙CMも見られるようになりました。

AGAの発症には、男性ホルモンの関与が高いと言われています。動物実験においては、男性ホルモンの活性化を引き起こすと脱毛が促進される事が知られています。プロペシアは男性ホルモンの活性化を抑制することで、脱毛を抑制し、AGAの進行を抑制します。

そのため、男性ホルモンが関与しない脱毛症(例えば円形脱毛症)の治療には、プロペシアの使用は承認されていません。また、海外において女性の男性型脱毛症患者(閉経後に認められます)に対するプロペシアの臨床試験が行われましたが、有効性は認められていません。

男性ホルモンであるテストステロンが、男性ホルモンとしての活性を示すためには、細胞内の存在する5αリダクターゼという酵素により、ジヒドロテストステロンという物質に変換される必要があります。ジヒドロテストステロンは、細胞の核の中にあるアンドロゲン受容体というタンパク質と結合して活性化し、様々な遺伝子の働きを調節します。ジヒドロテストステロンは、髪の毛を成長に関与する部分である「毛包」において、髪の毛の成長/退化に関する遺伝子を調節していると考えられています。

プロペシアは、5αリダクターゼの働きを阻害して、ジヒドロテストステロンの産生を抑制します。そのため、男性ホルモンの活性化がおこらなくなり、脱毛症の進行が抑制されます。

プロペシアには健康保険が適用されず、医師の処方を受けたときの薬剤費用は、全額自己負担となります。これは、プロペシアは、病気の治療薬ではなく、生活する上での不便さを取り除く薬剤であるからです。

健康保健が適応されるには、医療による治療が必要な状態、が必要なのですが、現在AGAは、このような状態とは認められていないということになります(美容整形や歯科矯正で健康保険が効かない場合と同じ)。


スポンサードリンク


構造式
プロペシア(フィナステリド)の構造式
プロペシア(フィナステリド)の構造式


前の薬  病院でもらった薬の値段TOP  次の薬


プライバシーポリシー