デュファストン| 病院でもらった薬の値段Part2


デュファストン
(ジドロゲステロン)
 デュファストン(第一三共、主成分ジドロゲステロン、薬価 5mg 錠 = 39.5円)は、不妊症、切迫流産などの婦人科領域の病気に使われる薬です。デュファストンは、生体内で分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)と同じ働きを持っています。プロゲステロンは、子宮の機能をコントロールするホルモンです。そのためデュファストンにより、プロゲステロンの働きが弱くなって起こる子宮の異常を治療することができます。

 デュファストンは、プロゲステロンが結合するタンパク質「プロゲステロン受容体」に結合して、プロゲステロンと同様に、このタンパク質を活性化させます。デュファストンによって活性化されたプロゲステロン受容体は、子宮の働きに関わるさまざまな遺伝子の働きをコントロールします。

 このデュファストンの作用により、子宮の内膜(受精卵がくっつくところ)の状態を変化させ、受精卵がくっつきやすくします。また、デュファストンには子宮が収縮するのを抑制する働きがあります。これらの作用の結果、デュファストンは子宮を妊娠しやすい状態に変化させたり、月経の周期を正常化させたり、流産をとめたりできるようになるのです。

 本来は、プロゲステロン自体を飲み薬として使用できればいいのですが、残念ながらプロゲステロンは体内に吸収されると、肝臓ですぐ分解されてしまいます。そのため、プロゲステロンそのものを薬にすることはできません。そこで、プロゲステロンの基本骨格であるステロイド(4つの輪)構造を持つ化合物が数多く合成され、その結果見つかった化合物がデュファストンです。デュファストンは、肝臓で壊されにくいので、飲み薬として使用することができます。

 生体内の多くのホルモンがステロイド構造をもつことから、デュファストンの開発時には、それらのホルモンの作用を持つかどうかの検討が行われました。もし、プロゲステロン以外のホルモンの作用を持つとすると、生体内のホルモンバランスが崩れ、副作用の原因となります。その結果、デュファストンは、男性ホルモン、コルチコイド(抗炎症作用を持つ、ステロイド剤の成分)などの作用を示さないことがわかりました。

このような性質を、薬物の「選択性」と呼んでいます。デュファストンが、妊娠中にも安全に使うことができるのは、この「選択性」のおかげです。「選択性」は、様々な薬の安全性を表す重要なキーワードなのです。



スポンサードリンク


デュファストン(ジドロゲステロン)の構造式

デュファストン(ジドロゲステロン)の構造式


前の薬  病院でもらった薬の値段Part2  次の薬


プライバシーポリシー