ミケラン(カルテオロール)とはどんな薬?

ミケラン(大塚製薬、主成分カルテオロール)は、高血圧や狭心症、心臓神経症(不安やストレスで動悸や胸の痛みを感じる病気)の治療薬です。主成分であるカルテオロールは、心臓の収縮力や脈拍を調節するアドレナリンβ受容体というタンパク質の作用を低下させ、心臓の活動を和らげ、血圧を下げたり胸の痛みや動悸などの症状を改善します。

また、β受容体は目の中の圧力(眼圧)を高める働きがあるので、ミケラン点眼液は、眼圧が高くなっておこる視力障害(緑内障)の治療に使用されます。

心臓の収縮力や拍動数(心拍数)は、交感神経がコントロールしています。運動や不安などの精神的ストレスで心臓に負荷が加わると、交感神経からノルアドレナリンという物質が分泌されます。ノルアドレナリンは心臓の細胞表面にあるβアドレナリン受容体(β受容体)に結合して、細胞を活性化させます。すると、心臓の収縮力が増加したり心拍数が増加します。

ミケランの主成分であるカルテオロールは、β受容体に結合してノルアドレナリンの作用を邪魔することで、心臓の収縮力を弱め心拍数を減少させます。このような薬剤をβ遮断薬とよんでいます。

ミケランが高血圧の治療に使われるのは、カルテオロールが心臓の収縮力を低下させ、大動脈から送り出される血液の圧力を下げるためです。高血圧では、全身の血管の流れが悪くなり、心臓から血液を送り出す際の圧力が大きくなります。ミケランを服用すると、心臓の収縮力を下げることで血液にかかる力が小さくなり、血圧が下がります。

また、ミケランが狭心症の治療に使われるのは、心臓の動きを弱めて休ませるためです。狭心症は、心臓を取りまく冠状動脈が狭くなり、血液から酸素や栄養が筋肉に十分いきわたらなくなって機能しなくなる状態です。ミケランは、心臓の働きを低下させ、筋肉が必要とする酸素や栄養の量を減らし、心臓を休ませて保護します。

不安や精神的ストレス、緊張によるあがり症などで、心臓に特に異常がないにもかかわらず、動悸や胸の痛みを感じる状態を心臓神経症とよびます。ミケランは、心臓の機能を低下させるので、動悸などの症状を和らげることができます。

一方、ミケランは、点眼薬として緑内障という目の病気の治療にも使われています。緑内障は、目の中に栄養補給を行う房水という液体が、目から出にくくなって眼球内にたまり、眼球内の圧力(眼圧)が増加する病気です。眼圧が高い状態が続くと、目の神経(視神経)に障害がおこり、視力障害から失明に至ることもあります。

房水が作られるときには、β受容体が大きな役割を果たしています。ミケランは、β受容体の働きを低下させ、房水が作られるのを抑制して眼圧をさげ、視神経が壊れるのを防ぎます。


ミケラン(カルテオロール塩酸塩)の構造式