コンサータ(メチルフェニデート塩酸塩)とはどんな薬?

コンサータ(ヤンセンファーマ、主成分メチルフェニデート塩酸塩)は、注意欠陥/多動性障害(AD/HD)の治療薬です。AD/HDでは、注意力や計画力を調節する脳部位「前頭前野」でのノルアドレナリンやドーパミンの量が減り、前頭前野の働きが低下することで不注意や多動性などの症状が現れます。主成分のメチルフェニデートは、脳内のノルアドレナリンやドーパミンの量を増やして、AD/HDの症状を改善します。

目次

コンサータの作用メカニズム

コンサータが用いられる注意欠陥/多動性障害(Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder ; AD/HD)とは、不注意(物事に集中することができず、忘れ物が多い)、多動性(落ち着きがなく、じっとできない)、衝動性(思いついた行動を唐突に行う、順番を待てない)などの行動により、日常生活や学業・仕事がうまくできなくなる病気です。

かつて日本では、AD/HDは個人の性格と考える人も多く、適切な診断や治療が行われてきませんでした。しかし、近年は発達障害の一種と認識され、脳の機能障害による病気と認識されるようになりました。そして、コンサータを用いた薬物治療が行なわれるようになったのです。

AD/HDで注意力や計画性が低下するのは、これらの能力を調節する脳部位「前頭前野」の機能低下が原因と考えられています。前頭前野の機能は、ノルアドレナリンとドーパミンという神経伝達物質によってコントロールされています。

これらの神経伝達物質は、神経細胞間の情報伝達に用いられ、片方の細胞から放出された物質が他方の細胞の表面にある受容体というタンパク質に結合して、神経細胞を興奮させ情報を伝達します。

AD/HDでは、前頭前野でのノルアドレナリンとドーパミンの量が不足するため、前頭前野の機能が低下して、注意力低下や計画性低下、衝動性がおこると考えられています。コンサータの主成分であるメチルフェニデートは、これらの神経伝達物質の量を増やします。

メチルフェニデートは、神経細胞にあるノルアドレナリントランスポーターとドーパミントランスポーターというタンパク質の働きを止める作用があります。

これらのトランスポーターは、神経細胞から放出されたノルアドレナリンやドパミンを再び神経細胞に取り込む(再取り込み)役割を持っています。コンサータを服用すると、メチルフェニデートが脳内のトランスポーターの機能を止めるので、脳内のノルアドレナリンやドーパミンの量が増えます。そのため、前頭前野の機能が改善して、AD/HDの症状が改善するのです。


コンサータの錠剤の秘密

コンサータは、特別な技術(製材技術)を用いて開発された錠剤です。この錠剤は、「放出制御型徐放錠」と呼ばれ、薬剤が長時間に渡ってじわじわと放出されます。また、錠剤表面には、主成分であるメチルフェニデートを含む特殊コーティングがされています。この錠剤のおかげで、コンサータは作用の即効性と持続性の両方を持つ使いやすい薬となっています。

コンサータの錠剤が消化管に入ると、まずコーティングに含まれたメチルフェニデートが速やかに溶け出し、体内に吸収されて即効性の作用を示します。その後、薬剤が持続的に染み出す段階に入ります。水分がコーティングを通り抜け、錠剤の中の「プッシュ層」という部分にしみ込みます。「プッシュ層」は、水を吸うと膨らんで、その力でメチルフェニデートをじわじわと錠剤の外側に放出します。

この2つのシステムを組み合わせることで、コンサータの錠剤は10時間の間、持続的にメチルフェニデートを放出でき、1日1回朝に投与することで、日常生活を過ごすに十分な治療効果をえることができます。


コンサータ(塩酸メチルフェニデート)の構造式