イムセラ(フィンゴリモド塩酸塩) 薬の豆知識
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

イムセラ| 病院でもらった薬の値段Part3

イムセラ

(フィンゴリモド塩酸塩)


イムセラ(田辺三菱製薬、主成分 フィンゴリモド塩酸塩、薬価 0.5mgカプセル = 8,172円)とは、多発性硬化症の再発予防、進行抑制に用いられる薬です。

多発性硬化症は、脳や脊髄、視神経などに炎症が生じて、これらの神経の働きが低下する病気です。具体的には、運動麻痺、神経障害、視力障害、などの症状が、悪化と回復(再発と寛解)を繰り返します。この神経症状は、「脱髄」という現象によって起こります。脱髄とは、神経細胞の表面を覆っている髄鞘(ずいしょう)が、免疫反応の結果として起る炎症により破壊されてしまう現象です。

脱髄を引き起こす免疫反応は、主にリンパ球という細胞によって引き起こされます。リンパ球は、もともとは体内のリンパ節という臓器で免疫反応のきっかけを待ち構えており、なんらかのきっかけでリンパ球から出て神経細胞に向かって移動します。

イムセラは、このリンパ球に作用し、リンパ球をリンパ節から出れなくさせて神経での免疫反応を抑えます。リンパ球がリンパ節を出るには、リンパ球の表面のスフィンゴシン 1-リン酸受容体(S1P受容体)を活性化する必要があります。イムセラは、S1P受容体に結合し、S1P受容体をリンパ球の表面からなくしてしまう作用をもっています。そのため、イムセラを服用するとリンパ球がリンパ節から出れなくなり、神経での免疫反応も弱まるのです。

これまで、多発性硬化症の治療薬としてはインターフェロンβという薬が用いられてきました。しかし、インターフェロンβは注射薬で、一日おきの皮下注射が必要でした。一方、イムセラは、インターフェロンβとは異なり、一日一回服用のカプセル剤です。注射剤と飲み薬では、患者さんにとっての使いやすさが全く違うことは明らかでしょう。ただし、使いやすいとはいえ、イムセラの服用により重篤な感染症(免疫機能の低下によるもの)、黄斑浮腫(目の副作用)などが起こることが報告されています。そのため、イムセラの使用には専門医の指導と十分な注意が必要です。

多発性硬化症の治療薬の開発は困難とされてきましたが、長年の研究の結果、ようやく使いやすい薬が登場しました。イムセラに続く薬剤も、様々な製薬会社で開発されています。これらの薬剤が登場する日も遠くはないのではないかと思います。

スポンサードリンク

イムセラ(フィンゴリモド塩酸塩)の構造式

 

イムセラの主成分:フィンゴリモド塩酸塩



エピペン  病院でもらった薬の値段Part3  テリボン

プライバシーポリシー