アズノールうがい液(アズレンスルホン酸ナトリウム)とはどんな薬?

アズノールうがい液(日本新薬、主成分 アズレンスルホン酸ナトリウム )は、口の中の炎症( 咽頭炎、扁桃炎、口内炎、急性歯肉炎、舌炎)や口の中の傷によって起こる腫れや痛みをおさえるために用いられます。

アズノールうがい液は、その名前の通り、水で薄めてうがいして(難しい言葉では「含嗽する(がんそう)と言います)服用します。

普通、「うがい」という言葉からは「風邪の予防」とか「のどの殺菌」というイメージが浮かびます(例:イソジンうがい薬)。しかし、アズノールうがい薬の効能は、「風邪の予防」とか「のどの殺菌」ではなく「風邪や口内炎、歯肉炎などが原因でおこった炎症の治療」です。つまり、「うがいによる予防」ではなく「すでに起こってた症状に効く」というわけです。

アズノールという名前は、成分である「アズレンスルホン酸ナトリウム」の「アズレン」から来ています。アズレンは美しい青色をしている化合物で、スペイン語で「青い」を意味する「azul」に由来して名付けられました。アズノールうがい液も、もちろん美しいアズレンの青い色をしています。

アズレンは、もともと「カミツレ」というキク科の植物の精油から見つかりました。ヨーロッパでは、古くからカミツレを胃腸薬や炎症の治療に使っていました。このカミツレの効果をもたらす物質についての科学的な研究が18世紀後半から行われ、その結果見つかったのがアズレンというわけです。

アズレンは、もともと水に溶けにくい性質を持っています(精油に含まれるということは、脂に溶けやすく水に溶けにくいということです)。アズノールうがい薬では、アズレンをうがい薬として使うために、水に溶けやすいアズレンスルホン酸ナトリウムという化合物に変換しています。

アズレンは、炎症における腫れや痛みの原因となるヒスタミンの量を減らします。炎症がおこっているときには、皮膚・粘膜中にいる肥満細胞(マスト細胞)という細胞から放出されたヒスタミンが、血管からの水分の漏れを引き起こして腫れを生じさせたり、痛みやかゆみを起こします。アズノールでうがいすると、口の粘膜でのヒスタミン放出がとまり、のどの腫れや痛みなどの症状が改善するsというわけです。

また、アズレンは、炎症を起こす原因となる白血球が、炎症部位に集まる(遊走といいます)のを止めます。炎症を起こす主人公が現場に登場できないので、炎症の進行を止められるというわけです。

アズノールうがい液は、うがいによって薬の成分であるアズレンを直接口の粘膜に効率的に届けることができます。アズノールというブランドは、アズレン(の類縁化合物)が含まれた薬について用いられています。うがい薬のほかにも、軟膏や点眼剤、錠剤が用意されてます。


アズノールうがい薬(アズレンスルホン酸ナトリウム)の構造式