タリオン(ベポタスチン)とはどんな薬?

タリオン(宇部興産、田辺三菱製薬、主成分ベポタスチン)は、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹(じんましん)、皮膚炎のかゆみの治療薬です。主成分のベポタスチンは、アレルギー反応で起こる症状を引き起こすヒスタミンという物質の作用を低下させ、鼻水や水膨れ、痒みを改善します。また、アレルギー反応を起こした部位に白血球(好酸球)が集まらないようにして炎症を改善します。

アレルギー反応は、本来、生体が異物と認識しない花粉やハウスダストなど(これらの物質をアレルゲンといいます)に免疫細胞が過度に反応し、生体防御のための炎症反応が起こってさまざまな症状を起こします。

特に、花粉と接触する機会が多い鼻では、鼻水や鼻詰まりを症状とするアレルギー性鼻炎が起こり、花粉が飛散する季節には多くの方が不快な症状に苦しみます。そのため、タリオンなどの抗アレルギー剤を用いた薬物治療が行われます。

アレルギーによる症状は、さまざまな免疫細胞が活性化して起こります。主役となる細胞は、肥満細胞(マスト細胞)と白血球の一種である好酸球です。タリオンは、これら2種類の細胞が起こす生理反応を低下させて、アレルギー反応による症状や炎症を改善します。

タリオンの作用機序は、大きく2種類にわけられます。

アレルギー反応による症状の改善には、抗ヒスタミン薬が多く使われています。タリオンは、これに加えIL5による作用も抑制することで、より確実な効果が期待できます。


タリオン(ベポタスチンベシル酸塩)の構造式