ハーセプチン(トラスツズマブ)とはどんな薬?

ハーセプチン(中外製薬、主成分トラスツズマブ)は、胃がんと乳がんののなかで、がん細胞に異常増殖を起こすHER2というタンパク質をたくさん持つタイプのがん細胞に使用される抗がん剤です。

ハーセプチンの主成分であるトラスツズマブはがん細胞表面のHER2に結合するタンパク質で、がん細胞を免疫細胞が攻撃して破壊するための目印となったり、HER2の機能を低下させ細胞増殖を抑制して、抗がん作用を示します。

がんは、体の細胞の遺伝子に異常が生じ、がん細胞の無秩序な増殖によって正常組織が機能できなくなる病気です。がん細胞が異常増殖を起こすのは、細胞増殖に関わるタンパク質の遺伝子の異常が原因です。

異常タンパク質の機能を低下させてがん細胞の増殖能力を弱めたり、異常タンパク質を持つがん細胞だけを殺す事ができれば、がんの進行を抑制できると考えられます。ハーセプチンは、このようなコンセプトで開発された抗がん剤で、分子標的薬と呼ばれます。

ハーセプチンは、HER2というタンパク質に異常があるがんの治療に用いられる抗がん剤です。乳がんや胃がんの中には、HER2の量が正常に比べて異常に増えるタイプのがん(HER2陽性がん)があり、ハーセプチンはHER2陽性のがんに限定して使用されます。

ハーセプチンの標的となるHER2は、がん細胞の表面にあるタンパク質です。正常な細胞では、HER2は細胞増殖の制御に関わっています。HER2遺伝子になんらかの異常が起こると、HER2の量が増加して細胞増殖が止まらなくなり、がん細胞に変化します。

ハーセプチンの主成分であるトラスツズマブは、HRE2に結合する性質をもつモノクローナル抗体と呼ばれるタンパク質です。

抗体は、もともとは生体内タンパク質で、生体に侵入した異物に結合し、免疫細胞などの免疫機構の攻撃の目印となる役割を持ちます。遺伝子工学により、特定のタンパク質にのみ結合できる抗体であるモノクローナル抗体が人工的に作れるようになりました。

トラスツズマブは、HRE2に結合して免疫細胞に攻撃目標としての目印を付けます。すると抗体が結合したがん細胞に向けて、NK細胞や単球などの免疫細胞が殺到し、がん細胞を殺します。このようなメカニズムを抗体依存性細胞障害作用(Antibody-Dependent-Cellular-Cytotoxicity;ADCC)とよんでいます。また、ハーセプチンはHER2の機能を止めて細胞増殖作用を低下させる作用もあります。

ハーセプチンは、HER2陽性のがんにのみ使用できます。使用前には、がん組織の一部を取り出してタンパク質の量を測定し、HER2量が正常に比べ増加していることを確認します。

ハーセプチンは、HRE2が出ているがんにのみ抗癌作用を示しますが、これはHER2が出ていない正常細胞には害を与えないので副作用が低減されるということです。ただし、心臓の細胞にはHER2が存在していることから、まれに心臓機能が低下する副作用がおこるとされています。