薬の名前の由来を調べてみました。その5

アクプラ(抗がん剤)
薬の名前の由来:
本薬が水(アクア)に溶けやすい白金(プラチナ)化合物であることから命名された。
解説:薬の特徴を明確に示した一例。抗がん剤投与は主に点滴で行われるんで、水に溶けやすい性質というのは必須ですね。

スベニール( 関節機能改善剤)
薬の名前の由来:
関節の滑らかな動作を印象付ける名称とした。
解説: 非常に分かりやすい名前。おじさんの心をくすぐります。

ビシバニール(抗がん剤)
薬の名前の由来:
開発略号PC−B−45 より
解説:薬が開発されるときには、かならず化合物に番号(開発コード)をつけます。臨床薬としては成功しなくても、試薬として売り出される場合、開発コードで販売されることがよくあります。

アンジュ(経口避妊剤)
薬の名前の由来:
「フランス語の天使(ANGE)に由来する。
解説:天使=子供のイメージがあるんで、避妊薬のネーミングとしてはちょっとおかしいかも。。。

ケーワン(ビタミン剤)
薬の名前の由来:
ビタミンK1 のK1 をケーワンと発音し,そのまま商品名とした。
解説:強くなれそうな薬ですね。

ケーツー(ビタミン剤)
薬の名前の由来:
ビタミンK2 のK2 をケイツーと発音し,そのまま商品名とした。
解説:ワンがあればツーもある、、覚えやすい名前。

ウロキナーゼ(血栓溶解剤)
薬の名前の由来:
ヒト尿(urine)より発見された酵素(enzyme、〜nase)による。
解説:ウロキナーゼは大量の尿から精製されました。このように、薬理活性を持つ物質が、人の分泌物から発見されることは、結構あります。
ちなみに、ウロキナーゼは尿からではなく遺伝子組み換えの技術を用いて作られてます。

キプレス(抗喘息剤)
薬の名前の由来:
喘息の寛解状態を維持する、喘息のコントローラーをイメージしてキープ(維持)+レスト(寛解期)でキプレスと命名した。
解説:新しい薬です。寛解(かんかい)とは、症状(発作)が起こらない状態のこと。

キサンボン(抗アレルギー剤)
薬の名前の由来:
本品が阻害するThromboxane 合成酵素のBO とXANをとり,逆転させ,New Drug のN をつけたものより由来。
解説:トリッキーな付け方ですね。アナグラム。語尾のボンというのが印象に残ります。

サプレスタ(降圧剤)
薬の名前の由来:
血圧をサプレス(低下)することから商品名をサプレスタとした。
解説:サプレス=supress。語尾のタというのは、語呂がよいから?


スポンサードリンク


前へ  薬の名前の由来を調べてみましたTOP  次へ


病院でもらった薬の値段 新薬の話 薬の名前の由来調べてみました
薬作り職人の道具 新薬開発入門 薬作り業界用語辞典
病院でもらった薬の値段HOME




プライバシーポリシー