薬の名前の由来を調べてみました。その4

ネオーラル(免疫抑制剤)
薬の名前の由来:
新しい(ネオ)経口剤(オーラル)。
解説:注射剤しか無かったところに、経口剤(飲み薬)ができたというのは、商売上大きなメリットになります。名前に織り込むのは重要なテクニック。

コレバイン( コレステロール低下剤)
薬の名前の由来:
コレステロール(cholesterol)の代謝物である胆汁酸を吸着(bind),排泄させ作用を示すことからCHOLEBINEと命名した。
解説: コレステロール低下のメカニズムが、名前を見ただけで分かり、覚えやすい名前です。コンバインみたいだけど。。

ハイペン(鎮痛剤)
薬の名前の由来:
High speed pain blocker より命名
解説:painは「痛み」。blockerというのは、抑制する薬という意味。呼びやすい。

アミユー(腎不全患者用のアミノ酸輸液)
薬の名前の由来:
「アミユー」の名称の由来は、以下の通りである。 Ajinomoto Morishita Infusion for Uremia Ajinomoto = 味の素株式会社(共同開発)Morishita = 森下製薬株式会社(開発当時)Infusion = 注入、輸液 Uremia = 尿毒症
解説:薬の共同開発はよくある話です。腎不全が進むと尿毒症になります。アイドルの愛称みたい。

イプシロン(止血剤)
薬の名前の由来:
本薬の一般名イプシロンアミノカプロン酸からイプシロンと命名した。
解説:大胆な略し方です。ギリシャ文字で薬の名前にするとは。

ファスティック(抗糖尿病剤)
薬の名前の由来:
本剤の作用特性である速効・短時間型(fast-acting)に由来する。
解説:食後の急速な血糖値増加を抑えるために、インスリン分泌を高める薬です。早く作用が消えるのもメリット(血糖値が下がりすぎないため)。

ユニプロン(鎮痛解熱薬座剤)
薬の名前の由来:
イブプロフェンを用いた本邦初のユニークな小児用坐剤であることから命名された。
解説:座剤って腸から直接全身に薬が回るんで、すぐ効くんですよね。座剤には、子供のころお世話になりました。

チョコラ(ビタミン剤)
薬の名前の由来:
「チョコラ」とは特に意味はないが,弊社(管理人注エーザイ)のビタミン製剤につけられた総称。
解説:意味は無いが、といわれてしまうとどうしようもないですね。

キョーフィリン(抗喘息剤)
薬の名前の由来:
キョーリン(杏林製薬)のアミノフィリンなので キョーフィリンとした
解説:なんか怖そう。

アンギナール(抗狭心症剤)
薬の名前の由来:

Angina pectoris(狭心症)のアンギナより命名した。

解説:アンギナにナールって誤解されない?


スポンサードリンク


前へ 薬の名前の由来を調べてみましたTOP  次へ

病院でもらった薬の値段 新薬の話 薬の名前の由来調べてみました
薬作り職人の道具 新薬開発入門 薬作り業界用語辞典
病院でもらった薬の値段HOME


   



プライバシーポリシー