薬の名前の由来を調べてみました。その6

ケルロング(降圧剤)
薬の名前の由来:
β -blocker「β - 遮断剤」Long acting「長時間作用が持続する」,「長時間作用型のβ - 遮断剤」という意味
解説:βとは、生体内のアドレナリンが作用するタンパク質(受容体)のうちの1種。といっても名前にβは出てきませんが。「ケル」の由来は謎。

シンセペン( 抗生物質)
薬の名前の由来:
Synthetic Penicillin  合成の ペニシリン
解説: ペニシリンはもともと青カビから見つかりましたが、人が化学合成で手を加えたために、更に効果が強力になりました。

ホクナリン(抗喘息剤)
薬の名前の由来:
北陸製薬(株)(現 アボット ジャパン(株))において新規に合成・開発された交感神経アドレナリンβ2-受容体刺激薬であることに由来する。
解説:最近騒がしい、企業の合併吸収劇を感じさせます。

ニューロタン(降圧剤)
薬の名前の由来:
本剤がA−Uアンタゴニストという新しいクラスの降圧薬に属することより、ニュークラスを表すNU と一般名であるロサルタンを表すLOTAN をあわせて、NU-LOTAN と命名された。
解説:○○タン、かわいいですね。一般名とは、薬の主成分の名前のことです。AIIアンタゴニストの一般名には語尾がサルタンのものが多いです。AIIアンタゴニストについては、ブロプレスを見てね。

ガストローム(胃保護剤)
薬の名前の由来:
Gastro(胃)+Loam(砂と粘土が堆積した地層)。本薬剤が胃粘膜を覆うように堆積層を形成し、胃を守る様を表現した。
解説:胃に薬が作用するのが目に見えるようです。

タリビッド(抗菌剤)
薬の名前の由来:
Target(標的)のTarとvivid(躍動的,きびきびしたの意)のividから
Tarividとし,力強く標的臓器に到達する本剤を表現した。
解説:体中にいる細菌に薬が届くのはとっても大事です。タリビットは、そこの点ですごい進化を遂げたので、ここが売りってことになります。力強くってのがイメージわきませんが。

クラビット(抗菌剤)
薬の名前の由来:
「Crave(熱望する、切望する)it」からCravitとし、待ち望まれた薬剤であることを表現した。
解説:じつは、クラビットが出る前は、某○ー製薬は経営危機だったらしい。クラビットは爆発的に売れ、まさに待ち望まれた薬剤となりました。

ジオン(痔用剤)
薬の名前の由来:
痔(Zi)核を1回(One)の治療で治すに由来する
解説:ガンダムみたい。分かりやすい由来ですね。本当に1回で治るのだろうか?

シグマート(抗狭心症剤)
薬の名前の由来:
シグマートはすべての抗狭心症剤を集約(Sigma)するという期待をこめて命名された。
解説:抗狭心症薬の中の抗狭心症薬。たしかに、主成分のニコランジルは、教科書にも載ってます。

ドセラン(ビタミン剤)
薬の名前の由来:
仏語で12のDouzeに由来
解説:ビタミンB12です。フランス語由来って珍しいか?


スポンサードリンク


前へ  薬の名前の由来を調べてみましたTOP  次へ

病院でもらった薬の値段 新薬の話 薬の名前の由来調べてみました
薬作り職人の道具 新薬開発入門 薬作り業界用語辞典
病院でもらった薬の値段HOME


   



プライバシーポリシー