薬の名前の由来を調べてみました。その9

ドブポン(強心剤)
の名前の由来:
塩酸ドブタミンをシリンジポンプを用いて投与することに由来。
解説:ドブタミン自体が強烈ですが、それを上回る(?)名前です。シリンジポンプとは、薬液を一定の速度で血液に注入する装置です。

ハイスコ(末梢神経用剤)
の名前の由来:
Scopolamine Hydrobromide から HYSCO(ハイスコ)とした。
解説:Scopolamine Hydrobromideというのは、一般名。前後反転型。「スコ」ってのが間が抜けているような気が。

ベハイド(利尿剤)
の名前の由来:
Benzyl hydro chlorothiazide からBEHYD とした
解説:Benzyl hydro chlorothiazideというのは、一般名。しかし、Benzyl hydroというありふれた部分を使っており、肝心のchlorothiazideが抜けてます。

エースコール(降圧剤)
の名前の由来:
「ACE阻害薬」の「エース(ACE)」に音感の良い語尾「コール(COL)」を付した。
解説:ACEはアンギオテンシン変換酵素という血圧に関わる酵素。一方で、優れた降圧作用を有することから、降圧剤の中のエースという意味もある(と思います)

S・M 散(消化器用剤)
の名前の由来:
Sankyoが開発したMagen Mittel(ドイツ語の胃薬)
解説:最初は何の略かと思いました(笑)。

ウロナミン(尿路殺菌消毒剤)
の名前の由来:
Uro(尿の意味)+MethenamineからUronaminとした。
解説:一文字違えば、栄養ドリンク。〜アミンというのは、比較的多いですね

カトレップ(抗炎症剤)
の名前の由来:
Catch(取り抑える)& Lessen(減らす)Pain(痛み)より
解説:なかなかセンスがいい名前。炎症を取り押さえる、強そうな感じです。

ペオン(鎮痛剤)
の名前の由来:
Pain(痛み)がNon(無い)、および成分がプロピオン酸系に属する化合物であるため、これらを組み合わせて命名した。
解説:「成分がプロピオン酸系に属する化合物」っていうのは後付けっぽい。

オンクラスト(抗がん剤)
の名前の由来:
洋名の商標名である「Onclast」命名の由来は、次の通りである。 ・On+Clastによる命名の由来 On:Oncology(腫瘍)の頭文字2 つを採用することにより、本剤は悪性腫瘍を伴う患者に使用される薬剤であることを意図した。 Clast:本剤は破骨細胞に作用することから、Osteoclast の後から5 文字を採用した。
解説:非常に丁寧な解説です。他の会社も見習ってほしい(笑)

ノボリン(インシュリン剤)
の名前の由来:
Novoとinsulinの合成語
解説:NOVOって言うのは、製薬会社ノボ ノルディスク ファーマから来ています。ノボリン、カワイイ名前ですね。


スポンサードリンク


前へ  薬の名前の由来を調べてみましたTOP  次へ

病院でもらった薬の値段 新薬の話 薬の名前の由来調べてみました
薬作り職人の道具 新薬開発入門 薬作り業界用語辞典
病院でもらった薬の値段HOME


   



プライバシーポリシー