薬の名前の由来を調べてみました。その8

強力モリアミンS(輸液)
薬の名前の由来:
MORISHITA(会社名) のアミノ酸輸液AMINO ACID による。
解説:強力という言葉に、頼もしさを感じます。SはSuperのSか?

モービック( 抗炎症剤)
の名前の由来:
リウマチ,変形性関節症の患者が,罹病前のように,運動器が円滑に動きやすく(mobile)ことから考えて命名している
解説:よく使われる「モバイル」をちょっと変えたものです。リウマチでは、関節が動きにくくなります。

アフェマ(抗がん剤)
薬の名前の由来:
Aromatase(アロマターゼ)、Female(女性)、Mammary tumor(乳癌)から、女性乳癌に対するアロマターゼ阻害剤として名付けられた。
解説:アロマターゼとは女性ホルモンを作るのに必要な酵素。乳がんには女性ホルモンにより増殖するものがあるので、アロマターゼを阻害するアフェマは乳がんの成長を抑制します。

アルツ(関節機能改善剤)
の名前の由来:
Arthrosis(関節症)より命名した
解説:最初見た時、アルツハイマーの薬だと思いました。

プロヘパール(肝保護剤)
の名前の由来:
肝臓の(hepatic)保護(protection)に由来する
解説:倒置法ってやつですね。

ウレパール(角化症治療剤)
の名前の由来:
Urea(尿素)とPearl (真珠)に由来する。
解説:尿素により、肌を真珠のようにするというお薬。真珠は大げさでは?

ラジカット(脳機能改善剤)
の名前の由来:
フリーラジカルをカット(消去)するに由来する。
解説:フリーラジカルとは、脳梗塞などのときに細胞で作られる、高い障害性を持つ分子。細胞障害を起こします。

バルトレックス(抗ウイルス剤)
の名前の由来:
Valine の'Val' をとって命名。
解説:アシクロビルという抗ウイルス剤の消化管からの吸収を高めるため、バリンというアミノ酸をくっつけたため。生体内で分解されアシクロビルとなる。このような薬をプロドラックと言います。

ジゴシン(強心剤)
の名前の由来:
ジゴキシン(一般名)より引用
解説:キをとっただけです。

サークレチンS(循環障害治療剤)
の名前の由来:
本剤は循環障害治療剤でCirculation(循環)より、Circuletin とした。
解説:無難な名前ですね。もう少しひねれるような気がします。


スポンサードリンク


前へ  薬の名前の由来を調べてみましたTOP  次へ


病院でもらった薬の値段 新薬の話 薬の名前の由来調べてみました
薬作り職人の道具 新薬開発入門 薬作り業界用語辞典
病院でもらった薬の値段HOME

 



プライバシーポリシー