×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

96穴プレート
今回紹介す るのは、「96穴プレート」です。96穴プレートの各穴に0.3mLくらいの液体が入れられます。一つ一つの穴が、試験管のように使えます。一枚で、試験管96本分の実験がこなせます。96穴プレートの使い方は、タンパク定量、酵素反応、細胞培養、薬物の調製(希釈用)などなど、様々です。96穴プレートは、一度使うとやめられません。大学時代は、試験管まみれで実験してましたが、会社に入ってこの96穴プレートをいくらでも使えることを知ったときは衝撃でした。この96穴プレートの規格に合わせて、いろんな道具が作られています。それについては、また今度。
なお、384穴プレート、1536穴プレートもありますが(穴の面積が96穴の1/4、1/16になる)、ロボットアッセイ用なので使いヅライです。


スポンサードリンク

96穴プレート

動物用麻酔器    薬作り職人の道具TOPへ   放射性同位元素(RI)


病院でもらった薬の値段 新薬の話 薬の名前の由来調べてみました
薬作り職人の道具 新薬開発入門 薬作り業界用語辞典
病院でもらった薬の値段HOME


プライバシーポリシー