×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

タイマー
タイマーは実験の必需品です。酵素反応の実験では、10−20秒の間隔で、正確に薬液を加えなければいけません。目の前にタイマーがないと、とてもじゃないけどやってられないです。

みんないろんなタイマーを使っています。個人的には、時刻表示がついていて、数字が大きくて、胸ポケットに挟めるタイプのタイマーがいいかな。ひも付きで、首にかけられるタイプのタイマーもありますね。このてのタイマーは、業者さんにもらったりします。タイマーを身につけてると、それだけで、実験してるって感じに見えますね(笑)。

タイマーは目覚まし時計としても使えます。タイマーにこの機能がないと、ちょっとキツいかも。2時間ー3時間の待ち時間、文献読んだり、読んでるふりしたり(笑)していると、ついつい時間を忘れてしまいます。タイマーをカウントダウンにして、5分前ぐらいにアラームが鳴るようにしておくと便利。

タイマーは大事ですが、タイマーに振り回される生活というのはちょっと遠慮したいです。



スポンサードリンク

液シンへ   薬作り職人の道具TOPへ   NMRへ


病院でもらった薬の値段 新薬の話 薬の名前の由来調べてみました
薬作り職人の道具 新薬開発入門 薬作り業界用語辞典
病院でもらった薬の値段HOME


プライバシーポリシー