×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラスコ
フラスコといえば、化学の実験などでつかうガラスのフラスコを思い浮かべますが、私の仕事ではガラスのフラスコはあんまり使いません。私たちが主に使ってるのは、細胞培養用のプラスチック製のフラスコです。

細胞培養用のフラスコの形は、化学実験で使うフラスコの形とは違います。
フラスコとは、もともと「首の部分が細くなっている容器」だそうで、形は違えど同じフラスコというわけですね。英語では、ウイスキーを持ち歩くのに使う、小さな平べったい容器もフラスコと言うそうです。

フラスコの大きさは何種類もありますが、よく使うのは底面積が75cm2か225cm2のものです。細胞は、フラスコの底面に張り付いて増殖していきます(張り付かず、浮遊して増殖する細胞もありますが)。細胞のフラスコへの張り付き方は結構強く、トリプシンでの酵素処理や、EDTAでのイオン除去など、いろいろな処理をしないとはがすことができません。結局、最後には、叩いて落とすんですけどね。そういうわけで、培養室の中では、誰かが細胞をはがすポンポンポンという音が、よく鳴っています。


スポンサードリンク

血球計算板とカウンターへ   薬作り職人の道具TOPへ  オートクレーブへ


病院でもらった薬の値段 新薬の話 薬の名前の由来調べてみました
薬作り職人の道具 新薬開発入門 薬作り業界用語辞典
病院でもらった薬の値段HOME


プライバシーポリシー