×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アリセプト | 病院でもらった薬の値段TOP

アリセプト(塩酸ドネペジル)

アリセプト(エーザイ、主成分 塩酸ドネペジル)は、老人性痴呆の原因の多くを占めているアルツハイマー病の治療薬です。正確に言うと、アリセプトはアルツハイマー病の「痴呆(記憶力の減少)の進行を遅らせる」薬であり、アルツハイマー病の「根本的な治療薬」は現在のところありません。アリセプトのことを、あえて『治療薬』と書いたのは、「痴呆を発症する前の状態に回復する」という意味での薬がアリセプトの他には無いからです。

アリセプトは、アルツハイマー病患者の脳内にあるアセチルコリンという化学物質の分解を抑制する薬です。

アセチルコリンは、記憶学習に関連する物質ということが動物実験で明らかになっており、アルツハイマー病患者の脳ではアセチルコリンが減少していることも知られていました。アリセプトは、脳内でアセチルコリンを分解するタンパク質「コリンエステラーゼ」の機能を抑制し、結果的にアセチルコリンの量を増やすことで、記憶学習機能の低下を防ぎます。アリセプトと同様のメカニズムを持つ薬剤開発は他社でも行われていたのですが、脳のコリンエステラーゼに対して抑制作用を持つ化合物として最初に見いだされたのがエーザイのアリセプトです。

 アリセプトの臨床試験では、痴呆の進行を遅らせることが確認されました。この結果は大変な反響を呼びました。

 しかし、アルツハイマー病の痴呆の原因は、最終的には神経細胞が死ぬことであるので(だから神経細胞で産生されるアセチルコリンが減る)、神経細胞の死を抑制する必要があります。しかし、アリセプトにその作用はありません。そのため、アリセプトにより、アルツハイマー病の進行は遅れますが、最終的には薬剤を飲まないときと同様の痴呆状態になります。

 神経細胞が死ぬ原因については、精力的な研究が行われており、いくつかの原因タンパク質が見いだされています。多くの製薬会社で、これらのタンパク質に作用し神経細胞死を抑制する化合物を探索するためのプロジェクトが進行しています。近い将来、真のアルツハイマー「治療薬」が見いだされるに違いないと思います。


スポンサードリンク

構造式
アリセプト(塩酸ドネペジル)の構造式

キシロカインへ  病院でもらった薬の値段TOP  プログラフへ



プライバシーポリシー