アリセプト(ドネペジル塩酸塩)とはどんな薬?

アリセプト(エーザイ、主成分ドネペジル塩酸塩)は、アルツハイマー病の治療に用いられる薬です。正確に言うと、アルツハイマー病の「根本的な治療薬」ではなく、「アルツハイマー病の認知症症状(記憶力の減少)の進行を遅らせる」効果は持つ薬剤です。薬の服薬をやめれば効果は消えますし、神経細胞が減るのを止めることもできません。アリセプトは、脳の記憶学習に重要な役割を果たすアセチルコリンという生体内分子の量を増やすことで、アルツハイマー病の症状を一時的に改善します。

さまざまな基礎研究から、アセチルコリンと記憶学習の能力との関係性が示されてきました。例えば、アセチルコリンの効果を低下させる薬剤であるスコポラミンを投与すると、記憶障害(健忘)を起こします。また、アルツハイマー病患者の脳ではアセチルコリンが減少します。このような研究結果から、記憶能力の低下はアセチルコリン不足が原因ではないか、と考えられるようになりました。

主成分であるドネペジルは、アセチルコリンを分解するタンパク質「コリンエステラーゼ」の機能を止め、脳内のアセチルコリンの量を増やして、記憶学習機能低下の進行を抑制します。同じメカニズムの薬剤は他社でも開発されていたのですが、最初に臨床試験での有効性が認められたのは、エーザイが作り出したアリセプトでした。アルツハイマー病患者の認知症症状の進行を遅らせるとの結果が報告されたときには、大変な反響を呼びました。

しかし、残念ながらアリセプトには、アルツハイマー病の原因を取り除く原因治療薬としての効果はありません。症状の進行は遅れますが、認知症の進行を完全に止めることはできないのです。アルツハイマー病の認知症状の原因は、最終的には神経細胞が死ぬことであり、だからこそ神経細胞で産生されるアセチルコリン量が減るのです。現在の医学では、神経細胞死の原因を取り除いたり、不足する神経細胞を補充する治療法はありません。

神経細胞が死ぬ原因については、精力的な研究が行われており、いくつかの原因タンパク質が見いだされています。多くの製薬会社で、これらのタンパク質に作用し神経細胞死を抑制する化合物を探索するためのプロジェクトが進行していますが、成功例はまだ出ていません。近い将来、真のアルツハイマー「治療薬」が見いだされることを期待したいと思います。


アリセプト(塩酸ドネペジル)の構造式