メチコバール(メコバラミン)とはどんな薬?

メチコバール(エーザイ、主成分メコバラミン)は、末梢神経が傷つくことによっておこるさまざまな症状を改善するために用いられる薬です。糖尿病や神経痛、神経へのウイルス感染、抗がん剤治療などでは、炎症などによって末梢神経が傷つき、しびれや痛み、顔面神経麻痺などの症状が起こります。主成分のメコバラミン(メチルコバラミン)、傷ついた神経細胞の修復能力を高めて、これら末梢神経障害の症状を改善します。また、めまいや耳鳴り、味覚障害など、感覚神経の障害が原因と考えられる症状の治療にも用いられます。

全身と中枢神経(脊髄・脳)をつなぐ神経を末梢神経と呼び、知覚神経と運動神経に分けられます。知覚神経は、皮膚や感覚器(目、耳、舌など)が受け取った刺激を中枢神経に送ります。運動神経は、脳が出した命令を筋肉に送って運動を引き起こします。末梢神経が傷つくと(末梢神経障害)、異常な感覚刺激が起こったり、脳からの命令が筋肉にうまく伝わらないので、さまざまな症状が起こります。

例えば、糖尿病や坐骨神経痛、抗がん剤治療では、高血糖や神経の圧迫、抗がん剤によって知覚神経が傷つき、しびれや痛みが起こります。また、神経に感染したウイルスが活性化して炎症を起こすと、知覚神経の障害では痛み(帯状疱疹)、運動神経の障害では顔の筋肉のマヒ(顔面神経麻痺)が起こります。また、めまいや耳鳴り、味覚障害の中には、末梢神経障害が原因で起こるものもあります。

末梢神経を電気信号が伝わる電気コードに例えると、末梢神経障害は導線がさびついたり、導線を取り巻く被覆が傷ついた状態です。そこで、錆びついた導線のサビをとったり被覆の傷を治さなくてはいけないのですが、細胞にはもともと自分自身を修復する働きが備わっています。メチコバールの主成分であるメコバラミン(メチルコバラミンともいいます)は、神経細胞の修復能力を高める作用を持ちます。


メコバラミンは食物から得られたビタミンB12(コバラミン)が生体内で変化してできる物質で、活性型ビタミンB12とも呼ばれます。

メコバラミンは、アミノ酸の一種であるメチオニンの合成に関わる酵素タンパク質メチオニン合成酵素が機能するのに欠かすことができません(補酵素といいます)。メチオニンは、ホモシステインという物質にメチル基という化学構造を付け加えた化合物で、メチル基を他の生体内物質にわたして(メチル基転移)細胞機能をコントロールします。

例えば、メコバラミンは神経細胞を取り巻く膜の材料である脂質の合成を高めます。これは電気コードの被覆を治すことに対応します。また、メコバラミンは細胞機能に必要なタンパク質の合成が高めます。これは、電線のサビをとって新しくすることに対応します。メチコバールを服用すると、メコバラミンの補給によってメチオニンの量が増えて傷ついた神経細胞の修復能力が高まるので、末梢神経障害による感覚異常や神経の麻痺が改善するのです。

メチコバールの作用が現れるには何週間もかかります。メコバラミンが神経の修復能力を高めるとはいえ、神経の修復スピード自体は非常に緩やかなためです。近年、神経障害による痛みやしびれに効果を示す鎮痛薬(例:リリカ(プレガバリン))が登場し、末梢神経障害治療の治療薬は増えつつあります。


メチコバール(メコバラミン)の構造式