フルタイド| 病院でもらった薬の値段Part2


フルタイド
(フルチカゾンプロピオン酸エステル)
 フルタイド(グラクソスミスクライン、主成分フルチカゾンプロピオン酸エステル、薬価 50ディスカス1個 = 1690.1円)は、気管支喘息の治療に用いる薬です。フルタイドは、強力な抗炎症作用をもつステロイドです。フルタイドは、喘息の原因となる気管の炎症を強力に抑えることで、喘息の発作が起こるのを防ぎます。

 フルタイドは、口から吸入するタイプの薬です。フルタイドを吸入するためには、ディスカスや、ロタディスク、エアーと呼ばれる吸入器を使います。吸入器から息を吸い込むことで、フルタイドが気道に送り込まれ、炎症が起こっている部位にフルタイドを直接届きます。このため、フルタイドは気管に対して確実に効果を示すことができるのです。

 しかし、フルタイドが吸入薬であることには、もう一つの理由があります。それは、フルタイドを直接気管に届けることで、全身性の副作用を防ぐ、という理由です。

 フルタイドは、ステロイドと呼ばれる種類の薬ですが、このステロイドは抗炎症作用が非常に強いと同時に、副作用も強いという性質を持っています。ステロイドのなかでも、副腎皮質ホルモンと呼ばれるものは、体内で様々な役割を果たす大事なホルモンです。ここで、ステロイドの飲み薬を大量に飲み続けると、体内で副腎皮質ホルモンを合成する副腎という臓器の働きが悪くなり、体内の様々な機能に障害が現れます。

 ステロイドによって炎症を抑えても、体中に副作用が出るのでは意味がありません。というわけで、できるだけ体の中に入るステロイドの量を減らそうということで、フルタイドのような吸入薬が開発されたのです。

 フルタイドは、直接気管の炎症部位にとどくので、炎症を抑えるのに必要なフルタイドの量は少なくてすみます。もちろん、気管からもフルタイドは吸収されるのですが、飲み薬に比べると吸収される量はごくわずかです。また、フルタイドが体内に吸収されたとしても、フルタイドは肝臓ですぐ分解されてしまう性質があるため、体内には副作用を起こすほどのフルタイドは残りません。そのため、フルタイドの吸入薬は、ステロイドの持つ副作用を少なくすることができるのです。

 薬の投与方法というのは、薬の性質によって変わってきます。フルタイドの場合は、局所に効くだけで十分作用が出る、という性質があるため、吸入薬という投与方法が選ばれました。ほかの薬剤の場合も、それぞれの性質用途にあった投与方法が選ばれているのです。


スポンサードリンク



フルタイド(フルチカゾンプロピオン酸エステル)の構造式
フルタイド(フルチカゾンプロピオン酸エステル)の構造式


前の薬  病院でもらった薬の値段Part2  次の薬


プライバシーポリシー