薬の名前の由来を調べてみました。その2

リスミー(睡眠導入剤)
塩野義、主成分 塩酸リルマザホン
薬の名前の由来:
自然の睡眠リズム(Rhythm)に近い眠りをもたらすことから,リスミー(Rhythmy)と命名された。
解説:レム睡眠、ノンレム睡眠ってやつか?体に良さそう。

ソナコン(抗不安剤)
中外(ロシュ)、主成分 ジアゼパム
薬の名前の由来:
Sound(音)+Control(調節する)による。
解説:抗不安薬とは、不安感を取り落ち着かせる薬。静かになれば落ち着けるって意味?

ブルタール(鉄剤)
大日本住友、主成分 コンドロイチン硫酸・鉄コロイド
薬の名前の由来:
Blut(ドイツ語)血液+tal足る→血液が足り貧血を治す
解説:鉄剤は貧血の治療に使います。talが日本語なのがgood

アナペイン(鎮痛剤)
アストラゼネカ、主成分 塩酸ロピバカイン
薬の名前の由来:
鎮痛を意味する”Analgesia;アナルゲジア” と,疼痛を意味する”pain;ペイン”を組み合わせ,”痛みを取る”という意味の造語を名称とした。
解説:アナだけでで鎮痛は想像できないよなぁ。ペインは分かるけど。

プロスタール(前立腺肥大症治療剤)
あすか、主成分 酢酸クロルマジノン
薬の名前の由来:
前立腺(Prostatic gland)に作用するという意より命名。
解説:作用臓器の名前に由来する薬の名前は多いです。

タカヂアスターゼ(消化酵素剤)
第一三共、主成分 タカヂアスターゼ
薬の名前の由来:
「酵素」を意味する「DIASTASE」をドイツ語読みにし、これにギリシャ語で「最高」あるいは「優秀」を意味する「タカ」、高峰の名前を意味する「高;TAKA」を冠した。
解説:三共の初代社長にして偉大な薬学者、高峰譲吉の名前を最大限に取り込んだ名前。ギリシア語の「タカ」は、分からなかった。

アシノン(消化性潰瘍用剤)
ゼリア、主成分 ニザチジン
薬の名前の由来:
胃酸を示すacidと「これがない」というnonを組み合わせた名称
解説:〜ノンていう名前も、よくありますね。

アプシード(サルファ剤)
第一三共、主成分 スルファジメトキシン
薬の名前の由来:
本剤の名称はアルファベットの「ABCD」に由来するが,その綴りは「Abcid」とし,その和名は「アプシード」と発音(ドイツ語読み)した。
解説:サルファ剤とは、細菌を殺す薬剤。手が込んでますが、大元がABCDってのはねぇ、安直だなぁ。

ティーエスワン(制癌剤)
大鵬、主成分 テガ フール・ギメラシル・オテラシルカリウム
薬の名前の由来:
大鵬薬品工業(T)の創薬センター(S)の一番目に開発を手がけた薬剤。
解説:最初に開発した薬だから、思い入れがあるんでしょうね。

フロジン(脱毛症剤)
第一三共、主成分 塩化カルプロニウム
薬の名前の由来:
本剤の名称は,「不老人」に由来し,その語呂にあわせてフロジン(furozin)と命名した。
解説:年をとらなければ毛は抜けない。。確かに。


スポンサードリンク


前へ  薬の名前の由来を調べてみましたTOP   次へ


病院でもらった薬の値段 新薬の話 薬の名前の由来調べてみました
薬作り職人の道具 新薬開発入門 薬作り業界用語辞典
病院でもらった薬の値段HOME

   



プライバシーポリシー