薬の名前の由来を調べてみました。その3

セスデン(鎮痙・鎮痛剤)
田辺、主成分 臭化チメピジウム
薬の名前の由来:
副作用を否定するという意味であるSide Effect's Denyによる。
解説:鎮痙(ちんけい)剤とは、胃腸などのけいれん性の痛みをとる薬です。
薬である限り副作用は避けられないのですが、やはり出来るだけ出ないでほしいもの。

マーベロン( 経口避妊剤)
オルガノン、主成分 デソゲストレル(DSG)/EE
薬の名前の由来:
「マーベラス(marvelous:素晴らしい)」という英語の語源から。
解説: 後のこと考えず楽しめるのは、すばらしいかも。

アスペノン(抗不整脈剤)
日本シエーリング、主成分 塩酸アブリンジン
薬の名前の由来:
aspen(英語):ポプラの葉のような,よく震える。ポプラの葉のようにぶるぶる震える。従って,アスペノン(ASPENON)は,「ざわざわ」「ぶるぶる」と震える心臓を抑えるという意味になる。
解説:なぜポプラ?不整脈に対する「ぶるぶる」という表現はナイス!

プローゼ(抗エイズ剤)
キッセイ、主成分 アンプレナビル
薬の名前の由来:
プロテアーゼ阻害剤であることに由来する。
解説:「テア」抜き。中抜きはよく使われます。プロテアーゼとは、エイズウイルスの増殖に必要なタンパク。このタンパクの作用を抑える薬。

ゾメタ(高カルシウム血症治療剤)
ノバルティス、主成分 ゾレドロン酸水和物
薬の名前の由来:
Zoledronic acid(主成分)と悪性腫瘍骨転移(Bone Metastases)に由来する。
解説:高カルシウム血症とは、癌が骨に転移して、骨のカルシウムを血液に溶かしだす病気。

セレニカ(抗てんかん剤、抗うつ剤)
日研、主成分 バルプロ酸ナトリウム
薬の名前の由来:
脳Cerebrum(セレブラム)の表音による。
解説:てんかんもうつも脳の病気です。

マイザー軟膏(外用ステロイド剤)
田辺三菱製薬、主成分 ジフルプレドナート
薬の名前の由来:
独語のMine Salbe(私の軟膏)
解説:マイ軟膏。もってます?

エポジン(腎性貧血用剤)
中外(ロシュ)、主成分 エリスロポエチン
薬の名前の由来:
エリスロポエチンerythropoietinとGene(遺伝子)の合成語
解説:エリスロポエチンとは、腎臓で作られる赤血球を作るためのホルモン。エリスロポエチンは、遺伝子工学をつかって生産されています。

サイレース(抗不安剤)
エーザイ、主成分 フルニトラゼパム
薬の名前の由来:
Silent(静か,鎮静)のace(達人)からサイレースと命名した。
解説:達人=Aceってのがうまい。

ノイビタ(神経改善剤)
小林製薬、主成分 オクトチアミン
薬の名前の由来:
神経(Neuron)機能の円滑化を目的とするビタミン
解説:ビタ=ビタミンは分かりやすい。各種ビタミン入り。


スポンサードリンク


前へ 薬の名前の由来を調べてみましたTOP  次へ

病院でもらった薬の値段 新薬の話 薬の名前の由来調べてみました
薬作り職人の道具 新薬開発入門 薬作り業界用語辞典
病院でもらった薬の値段HOME


   



プライバシーポリシー