×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゼチーア| 病院でもらった薬の値段Part2


ゼチーア
(エゼチミブ )
 ゼチーア(MSD、主成分エゼチミブ、薬価 10mg錠 = 207.8円)は、血液中のコレステロールの量を減らすために用いられる薬です。

 ゼチーアは、これまでのコレステロール低下薬とは異なる作用メカニズムを持つ薬です。そのために、ゼチーアは、これまでのコレステロール低下薬が効きにくい患者さんに対する効果が期待できます。また、ゼチーアとこれまでのコレステロール低下薬とを組み合わせて服用することで、より強いコレステロール低下作用を期待することができます。

 それでは、ゼチーアの作用メカニズムとは、どのようなものなのでしょうか?

 生体内のコレステロールは、肝臓で合成されるもの、食物から吸収されるもの、の二種類に分けられます。このことから、体内のコレステロール量を減らすには、肝臓でのコレステロール合成を低下させる、食物からの吸収を低下させる、の二通りの方法が考えられます。

 ゼチーアが見つかる前のコレステロール低下薬は、肝臓の中で合成されるコレステロールを減らす、というメカニズムを持つものがほとんどでした。代表的な薬は、リピトールやメバロチンに代表されるスタチンと呼ばれる薬です。スタチンは、肝臓の中にあるコレステロール産生の鍵となる酵素、HMG-CoA還元酵素の働きを低下させることで、コレステロールの産生を押さえ、コレステロール量を減少させます。

 一方、食物からのコレステロールの吸収を防ぐ薬には、あまりぱっとしたものがありませんでした。これまで使われていたのは、イオン交換樹脂という、コレステロールをくっつける性質を持つ化学物質です。食物と共にイオン交換樹脂を飲むと、小腸の中でイオン交換樹脂にコレステロールがくっつきます。イオン交換樹脂は体内に吸収されないので、そのまま便と共に体外に排出され、体内にコレステロールが吸収されないというわけです。しかし、イオン交換樹脂には、飲みにくい(服用量が多い)、コレステロール以外にも、各種ビタミンや食事と一緒に飲んだ別の薬なども同時にくっつけてしまうためこれらの物質の吸収を悪くする、などの欠点があります。

 そこで、コレステロールだけを選択的に小腸から吸収させない薬ができないか?というコンセプトのもとで見つけ出されたのが、ゼチーアです。

 小腸からのコレステロールの吸収メカニズムは、長らくわかっていませんでした。そこで、メカニズムはわからないままで、とにかく小腸からのコレステロールを吸収させない化合物を探す、という作業が行われました。詳しいことはわからないのですが、おそらくコレステロールと化合物を一緒に動物に飲ませ、血液中に出てくるコレステロール量を測り、吸収抑制作用をもつ化合物を探しだすという方法を用いていたと思われます。

 地道な作業の結果、ゼチーアが発見されたのは1994年。その後、ゼチーアは臨床試験においても、強いコレステロール低下作用を示したことから、2002年にドイツとアメリカで、ゼチーアは無事デビューすることができました(日本では、ゼチーアは2007年にデビューしました)。

 さて、デビューはしたものの、ゼチーアの詳しい作用メカニズムは不明のままでした。小腸におけるコレステロール吸収作用のメカニズムがわからないことには、ゼチーアの作用メカニズムもわからないというわけです。

 この問題に答えが出たのは、2004年のことでした。ゼチーアを開発したシェリング・プラウ社の研究陣が、小腸におけるコレステロール吸収作用には、コレステロールトランスポーター(Niemann-Pick C1 Like1; NPC1L1)というタンパク質が関与することを発見したのです。そして、ゼチーアは、このコレステロールトランスポーターの働きを低下させることで、小腸からのコレステロールの吸収を抑えることがわかりました。

 ゼチーアの標的となるコレステロールトランスポーターとは、コレステロールを小腸の表面から小腸の細胞内へ運搬(トランスポート)する働きを持つタンパク質です。ゼチーアは、このコレステロールトランスポーターに結合して、コレステロールがコレステロールトランスポーターに結合できないようにしてしまいます。そのため、コレステロールは体内に吸収されなくなるのです。

 ゼチーアの開発で見られたような、詳しい作用メカニズムがわからないまま、とりあえず薬理作用のみを指標にして薬を見つけるという方法は、古くから行われている手法です。しかし、現在では、これとは正反対な手法、つまり薬の作用メカニズムやターゲット分子をまず決めてそれから薬を見つけていく、いわゆるゲノム創薬的な手法が幅を利かせています。

 いずれの手法も良し悪しがあるので、どっちの手法が優れているとはいえませんが、個人的な好みでいえば、ゼチーアみたいな薬の見つけ方が好きだなぁ、と思います。



スポンサードリンク


ゼチーア(エゼチミブ)の構造式
ゼチーア(エゼチミブ)の構造式

前の薬  病院でもらった薬の値段Part2  次の薬


プライバシーポリシー