薬の名前の由来を調べてみました。その7

ニトロダーム(抗狭心症剤)
薬の名前の由来:
Nitro(ニトログリセリン)、derm(皮膚)
解説:ニトログリセリンの貼り薬。狭心症発作が起こった時に使う舌下錠とは異なり、狭心症の発作が起こるのを予防します。皮膚からニトログリセリンを吸収させます。

コントミン( 抗生物質)
薬の名前の由来:
コンコンと眠るTOMIN→ヨシトミのアミン
解説:ヨシトミとは開発した吉富製薬のこと。アミンはこの化合物の化学的な特徴をあらわします。

ミオカーム(ミオクローヌス治療剤)
薬の名前の由来:
MYO (筋肉を表わす接頭語)、CALM (鎮める)
解説:ミオクローヌスとは、ある筋肉や筋肉群が素速い稲妻のような収縮を起こす症状です。だから、筋肉を鎮めるということ。

トクダーム(外用ステロイド貼付剤)
薬の名前の由来:
研究開発を行った徳島にちなんで「トク」に、皮膚を表わすderm を付け、トクダームと命名した。
解説:地名が入っているパターン。

ホーリット(統合失調症治療剤)
薬の名前の由来:
「for it」(そのために)に由来する
解説:英語っぽく発音してみましょう。

ニフレック(経口腸管洗浄剤)
薬の名前の由来:
nicht(〜ない)flecken(汚れ):独語 大腸内を汚れなくきれいにするという意味で名付けた。
解説:大腸の内視鏡検査の準備のために使う、強力な下剤。なにせ「洗浄」ですから。ドイツ語っぽく発音してみましょう。

プロテアミン(輸液)
薬の名前の由来:
蛋白質(Protein)とアミノ酸(amino acid)より
解説:消化器の手術の前後のように、タンパク質、アミノ酸が消化管から吸収できない場合に使います。

ケイキサレート(高カリウム血症治療剤)
薬の名前の由来:
カリウムイオンをキレート(生体と反応する前に除去)するに由来する。
解説:カリメートと同様な薬です。キレートの語源はカニのハサミ。カリウムを、消化管からはさみでつまみだすように(化学構造式がそんな風に見える)除去します。

ガストログラフイン(造影剤)
薬の名前の由来:
Gastroは胃腸、grafinは撮影に由来する。
解説:”ガス”はガスターの”ガス”と一緒(と思われる)

アイビナール(抗アレルギー剤、点眼剤)
薬の名前の由来:
目(eye)が美しくなる(美なる)より命名された。
解説:ビナールが日本語とは、恐れ入りました。


スポンサードリンク


前へ  薬の名前の由来を調べてみましたTOP  次へ


病院でもらった薬の値段 新薬の話 薬の名前の由来調べてみました
薬作り職人の道具 新薬開発入門 薬作り業界用語辞典
病院でもらった薬の値段HOME




プライバシーポリシー