リスミー(塩酸リルマザホン)とはどんな薬?

リスミー(塩野義製薬、主成分 塩酸リルマザホン)は、不眠症の治療に用いられる睡眠薬です。リスミーは、ベンゾジアゼピン系とよばれる種類の睡眠薬です。有効成分であるリルマザホンは、脳の中にあるベンゾジアゼピン受容体というタンパク質を活性化させる作用を持ちます。

ベンゾジアゼピン受容体というのは、リスミーのようなベンゾジアゼピン系の薬が結合するタンパク質のことです。ベンゾジアゼピン受容体は、神経活動を抑制する信号を出す働きを持っています。リスミーが、ベンゾジアゼピン受容体を活性化すると、脳の神経活動が抑制されるため、眠気を生じるようになります。

一般に、ベンゾジアゼピン系の物質とは、ベンゾジセピン骨格とよばれる構造をもつ物質のことを指します。例えば、ベンゾジアゼピン系の薬の代表、セルシン(主成分ジアゼパム)は、6角形の環と7角形の環がつながっている構造を持ちます。これがベンゾジアゼピン骨格です。

セルシン(ジアゼパム)の構造式

ベンゾジアゼピン系の薬は、みんなこの構造を持っており、このベンゾジアゼピン骨格の周りにいろいろな構造を付け加えることで、多彩な特徴をもつ薬を開発することが出来ます。

さて、塩酸リルマザホンの構造ですが、一見ベンゾジアゼピン骨格が含まれていないように見えます。この化合物には、7角形の部分がありません。では、なぜ、リスミーはベンゾジアゼピン系の薬物といわれるのでしょうか?

リスミー(塩酸リルマザホン)の構造式

実は、リスミーは体内でベンゾジアゼピン骨格を持つ化合物に変化するのです。

リスミーの構造式の中の5角形の右下に、CH2NHCO~という長い構造がくっついています。薬剤を口から飲むと、リスミーは腸の細胞に吸収されます。そして、腸の細胞中の酵素によって、CH2NH~という長い構造が分解されます。そして、その時自動的に7角形の環がつくられ、ベンゾジアゼピンの構造を持つ化合物が出来上がるのです。

代謝物の構造式

リスミーの作用をもたらす化合物は、リルマザホン自体ではなくて、このベンゾジジピン構造を持つ化合物(構造4)です。リスミーが体内で変化して出来たこの化合物を「活性代謝物」と呼んでいます。体内で変化(代謝)することで、薬理作用を示すようになった物質、という意味です。そして、リスミーのように、体内で活性代謝物になることで、はじめて作用を示す薬のことを、プロドラックと呼んでいます。

では、なぜ、リスミーはわざわざプロドラックにしてあるのでしょう?

一般に、プロドラックは、口から飲んだときに消化管から吸収されにくい化合物を、体の中に速やかに吸収させるために使われることが多いです。例えば、リルマザホンのように、構造にCH2NHCO~という長い構造がくっつくと、消化管から吸収されやすくなります。

これは想像ですが、もともとリスミーの開発過程で見つかった化合物は、構造3または構造4の活性代謝物だったのだと思われます。しかし、これらは口から飲ませると消化管から吸収されない、ということがわかり、プロドラックにすることを思いついた、のではないでしょうか。

現在使われている薬の中で、プロドラッグであるものは結構多いです。代表的なものといえば、降圧薬のブロプレス(武田薬品)でしょうか。今、あなたが飲んでるその薬も、プロドラッグかもしれませんね。